FC2ブログ
2019/10/18 08:52

カッティングシートで天板をカスタマイズする方法|手軽にマイアケコンの見た目を変えよう!

アケコンの天板をカスタマイズすると、見た目の変化も大きく、マイアケコンに対する愛着が湧いてきます。台パンも我慢できるようになるのでアケコンの寿命も伸びるかも!?




◾️天板カスタマイズのあれこれ

“天板にステッカーを貼る”みたいなのも立派なカスタマイズだと思います。この方法はお手軽ですが、アケコンの下地そのものは変わらないので見た目の変化もわずかになります。

本格的に”天板絵をオリジナルイラストに差し替える”カスタマイズもあります。この方法は画像を用意したり、A3プリンターが必要だったり、アケコンによってはアクリル板を用意したりと、それなりに準備がいるので少し敷居は高いです。

今日はその中間の”天板にカッティングシートを貼り付ける”カスタマイズを紹介します。シート次第では見た目の変化も大きく、天板にキャライラストとかを貼りたいのでなければオススメです。


◾️用意するもの

・アケコン
・カッティングシート(30cm x 50cmほど)
・定規
・カッター

今回はこちらのカッティングシートを使用しました。最近は木目調とか色々あるので選択肢は豊富です。好きなシートを選んでください。




◾️早速カスタマイズしてみよう

ベースにするアケコンは何でも良いのですが、今回はRAP.VをHitbox天板に差し替えたこちらのアケコンをカスタマイズしてみます。なお、通常の天板でも作業手順は同じになります。



まずは天板を本体から外し、各種レバーやボタンも取り外します。



カッティングシートを天板の外径に合わせて切り取ります。



養生テープで仮止めして裏返します。



ボールペンでボタン穴を型取ります。



仮止めを外してこれから穴あけします。



穴あけはサークルカッターがあると、コンパスの要領でかんたんに切り取りができます。



そんなに高い物ではないので、持っておくと便利です。



中々綺麗に切り取りできました。ボタンの外径はこの穴より少し広いので、多少アバウトでも大丈夫です。




◾️いよいよ貼り付けます

シートを剥がして天板に貼り付けます。1番気を使う作業です。

カッティングシートはシールになっているので、空気が入ったりはしませんが、ズレたり、よれたりするのを部分的に貼り直しながら、慎重に作業を進めてください。



ボタンをつけてみます。若干貼り付けがズレている箇所は、ボタンを押し込み、天板のボタン径にカッティングシートを巻きつける感じでしっかりと貼りましょう。



天板をアケコンに戻して完成です。この時ネジ止めが必要な場合は、千枚通しなどで予め穴を開けておくと綺麗に仕上がります。

写真を撮りながらでも、30分程度で終わりました。




◾️総評

今回”渋め”のシートを選んだので、落ち着いた仕上がりになって満足しています。

実は貼り付けが若干ズレてしまったのですが、ぱっと見は気にならないので及第点。

安価にできるカッティングシートの貼り付け、是非試してみてください!
2019/10/02 08:00

着脱シャフト”The Link”をセイミツLS-32に取り付ける方法|アケコンの持ち運びを楽にしてEスポーツイベントに参加しよう!

最近、Eスポーツがブームです。細々とやっていたゲーム大会がテレビや新聞でも取り上げられるようになってきて、どんどんメジャーになっている感じを受けます。

「Eスポーツのあり方」みたいなインテリな議論も増えていますが、折角なのでこのビッグウェーブに乗っかって楽しんじゃおうというのが自分のスタイル。

格闘ゲームの大会も増えているので、お出かけしてオフ大会に参加した人も多いのでは?自分もその1人です。

◾️Eスポーツではコントローラー持ち込みが原則

注意したい点として、ほとんどのEスポーツの大会ではコントローラー持参が求められることです。格ゲーの場合はアケコン持参で行くことになりますが、大きくて重い上にレバーが邪魔で運びづらいのがネックです。

世の中にはQanba Droneみたいな小さくて軽いアケコンもありますが、普段から使っていないと、大会で万全なパフォーマンスは出せない可能性があります。結局のところ日頃から使っているアケコンを持っていくのが1番でしょう。

◾️着脱式シャフトThe Link

そんなアケコンの運搬問題を解決してくれるのが着脱式シャフトThe Linkです。


この製品は既存レバーのシャフトと交換することで、レバーヘッドの取り外しが可能になるアイテムです。

取り外しも簡単です。レバーヘッドを片手で押さえて、もう片方の手でシャフト部を軽くつまみ上方向にスライドさせるだけ。特別な工具もいりません。

レバーヘッドを取るとアケコン面は平らになり、持ち運びが格段に楽になります。


◾️対応するレバー

この便利なアイテム、製品ラインナップは三和レバー用(JLFシリーズ)とセイミツレバー用(LS-32とLS-56に対応)があります。ホリのHAYABUSAレバーはJLFシリーズ用が対応していますが、同じホリでもファイティングスティックに付いている廉価版レバーは対応していません。購入前に手持ちのアケコンのレバーを確認しましょう。

【標準でJLF】
・Razer 旧パンテラ
・Razer パンテラEVO
・Qanba オブシディアン
・Mad Catz TE2+

【標準でHAYABUSA】
・ホリ リアルアーケードPro.V
・ホリ リアルアーケードPro.N
・ホリ ファイティングエッジ刃

もし対応するレバーを持っていないようなら、新たにレバーも購入して載せ替える必要があります。

三和のJLF


セイミツのLS-32


◾️セイミツLS-32への取付

セイミツLS-32に取り付けしてみます。

The Linkは既製品シャフトを交換するので、レバーを分解する必要があります。まずはレバーをアケコンから外しましょう。

取り外したセイミツLS-32とThe Link


背面から見るとこのような感じです。中央の銀色の棒がレバーシャフトです。


セイミツレバーのシャフトを止めているEリングを外すには、こちらの特殊な工具があると便利です。


リングの隙間にプライヤーを挟み押し広げて外します。


リングを取ると、その他の部品も取れます。


各部の名称はシャフト(銀の棒)、ベアリング(水色)、アクチュエーター(緑)、スプリング(銀のバネ)、スプリングストッパー(黄)と呼びます。


上: 既製品シャフト、下: The Link


このようにセイミツの既製品シャフトとThe Linkの長さは異なるので、The Linkを取り付けるとレバーが5mmほど長くなります。

同時にレバーの高さも調節することをオススメしますので、こちらの記事も参考にしてください。

アケコンのレバーの長さを変える

◾️The Linkの取付

シャフトだけを交換したら元通りに組み立てます。まずはシャフトにベアリングをはめ、レバー穴に通したら、裏からスプリングストッパー、スプリング、アクチュエーターの順にはめていきます。

ここまでは手で組み立てて、最後のリングはラジオペンチでパチっとしめましょう。


表にして感触を確かめてください。


最後にレバーボールを取り付ければ完成です。


※アケコンVictrix Pro FSに付属しているThe Linkのレバーヘッドは特殊な形状をしています。レバーパッキンが一体化していて、シャフトもストレート形状、専用レバーボールが付いています。

Victrixのレバーヘッドも取り付けられます。


◾️アケコンへの取り付け

レバーをアケコンに取り付けます。

↓これに必要なネジやナットが全部入ってます。


高さ調整のためにネジ穴にナットを挟みます。


レバートップまでの高さが55-57mm程度になるように高さを調整すると使いやすいと思います。


◾️まとめ

着脱式レバーは持ち運びに便利ですが、アケコンをしまうときにも便利です。とくにThe Linkは数秒でレバーヘッドを取ることができるので、外したレバーヘッドをケーブルボックスなどにしまって収納すれば、かなりのスペースを節約できます。

大型アケコンも狭い場所にしまえます。


肝心の操作性ですが、若干レバーが太くなったと感じますがすぐに慣れました。ゲーム中にヘッドが外れることもありません。

これから大会に参加しようという方にはオススメのカスタマイズだと思います。

↓The Linkの購入はこちらのサイトが便利

せんごくネット
https://sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?cid=5621&multi=The%20link

Arcade Shock(海外サイト)
https://arcadeshock.com/search?q=The%20link
2019/09/17 08:00

Victrix Pro FS 限定版の違い|全世界250台限定のリュウモデル・春麗モデル



Victrix Pro FSのレビューはこちら。この記事は”限定版”の追記となります。

◾️Victrixが国内初上陸

2019/9/12~15の期間で開催された東京ゲームショウ(通称:TGS)。今年は高級アケコンのVictrixが展示販売を行ったのが個人的にはプチニュースでした。

米Amazonからの個人輸入では47,000円ほどかかるVictrix Pro FSが、通常版35,000円、限定版40,000円という破格で売られていました。

ブースもまずまず盛況だったようです。


限定版を入手!!

私的にも2台目となるVictrix春麗モデルを入手しました。全世界250台限定という言葉に弱くて・・・


鮮やかな青と春麗のレーザー刻印がポイント


ブルーのLEDカラーで固定するのもオススメ


通常版と並べると美しさも際立ちます・・・。金属ボディへの塗装なのでメタルカラーとなり艶やかです。


通常版と限定版を比べてみると、見た目以外にも2点ほど違いがあったので書き記しておきます。

◾️裏蓋のデザインが異なる

通常版の裏蓋


限定版の裏蓋


※もしかしたら最新の通常版では裏蓋も変更されているかもしれません。

限定版の裏蓋は改良されていて、レバーを取り外した時に穴を塞ぐためのラバーキャップを収納するスペースが左上に追加されています。通常版では内部スペースに適当に置いておくしかなかったので、地味ですが良い改良だと思います。

また、レバーの底面側にあたる部分の樹脂素材に窪みが追加されています。この改良により、物理的なスペースの関係で入らなかったHAYABUSAレバーや韓国レバーが入るようになりました。セイミツレバーも入りますが平鉄板でないと止められないのは変わらないので、レバー長の調整も必要になります。

◾️ボタンの数が異なる

1レバー+8ボタン、PS、Option、Shareボタン、Victrixオリジナルのロックボタン(Xマーク)、音量調整ボタン、LED調整ボタンに違いはありません。

タッチパッド、L3、R3に違いがあります。

通常版、左からPS, Share, LED, 音量, X, Pro1(L3), Pro2(R3), Pro3(タッチパッド), Option


限定版、左からPS, Share, LED, 音量, タッチパッド, X, Pro(L3), Option


※Proボタンはボタンアサインを変更可能なプログラマボタンです。()内は出荷時の設定です。

限定版ではプログラマボタンが減ってしまったので、L3とR3が同時に設定できません。これはそこそこ不便な点です。

◾️今後の展開予想

2019年夏くらいからVictrixのホームページや今回購入したアケコンの説明書も日本語対応がされているので、日本販売も視野に入れていると思います。近いうちに国内でも販売されることを期待したいですね。

国内でも一般販売されるようになれば、サポート窓口もできてくるので、先行して手に入れた方にもメリットがあるかと思います。ちなみに説明書によると、Victrix製品には2年のメーカー保証が付いていますが、現状はどこでサポートが受けられるか不明な状況です。

◾️おまけ

マイアケコンができて嬉しそうな娘
2019/08/27 10:29

XboxOneコントローラーにおすすめのグリップ|滑り止め・トリガーボタンの調整も可能



アケコン好きな筆者は、パッドコントローラーが苦手です。

というより、俺の時代のパッドと言えば、

こういうのや


こういうのなので


キノコが2個ついてて、ボタンも沢山あるパッドがどうしても馴染めないんですよね。

それでも、大作系のRPGやFPS、レースゲームなどでは使わざるえない。特にXboxOneはForzaシリーズくらいしかプレイしないので、パッドの使用頻度も高くなっています。

Forzaは”熱い”レースゲームですが、30分もプレイすると文字通り手に汗を握る興奮で、コントローラーが滑って操作ミスをすることもあります。

しっかりとコントローラーをホールドできないため消極的なプレイになってしまうことも少なくありません。コントローラーを投げつけたくなる衝動をグッとこらえながらやっていますw

最高峰のレースゲームForza


解決方法ある?

何とかしたいな~と思ってググってみると、意外と世間でもメジャーな悩みのようで、「グリップのすべり止め」というアイテムがあることを知りました。

ちなみに2-3万円する高級ゲームパッドであれば、標準ですべり止めが付いているようです。

しかし、流石にパッド(しかも箱!)に2-3万円は躊躇しますので、友人からオススメしてもらったアタッチメントタイプのグリップを試してみました。


Xbox One用

箱1用はこのグリップ


コントローラーを裏返して


ここのプラスチックパーツを外します


グリップを装着。形状の違和感はほとんどありません


もう一つ機能がついていて、グリップ側面の赤いスイッチをオンにすると、トリガーボタンの遊びを小さくできます


表から見ると変化はほとんどありません


このグリップはかなり使いやすいです。

プラスチック製品なので少し滑りやすいですが、標準よりは断然ホールド感が増します。握り込んだ時の違和感もほぼありません。

また、トリガーボタンの調整機能が便利で、Forzaのパーシャルコーナーで使う微妙なアクセルワークやFPSでの”指切り”ショットがかなりやりやすくなりました。

箱1のグリップならこれ一択だと思います。




2019/08/20 11:33

娘を対戦相手にする魔計画4|女性格闘ゲーマーへの道~鉄拳7~

前回はサムライスピリッツをやってみたうちの子。金髪美女のシャルロットが気に入ったみたいです。

ただ、コマンド技が出せないので、対戦を存分に楽しむにはスト5 同様に少し敷居が高いと感じました。


子供にできそうな格ゲーを探す

やはり、覇権ゲーのスマブラが”安定”なのかな?と思いましたが、先日Switchを失くしてしまったのでPS4タイトルで探しました。

鉄拳7です!



鉄拳7のいいところ

1994年に産声を上げた鉄拳シリーズ。当時流行っていたセガサターンのバーチャファイターに対抗して、家庭用移植はプレステのみで発売された3D格闘ゲームです。

初代「鉄拳」


・8方向レバー+4つの攻撃ボタン
・ガードはスト2のようにレバー後ろ入れ

という、シンプルな操作が1番の魅力です。

恐らくプレステのコントローラーでも操作しやすいように考えられた操作性は1作目から変わりません。4つのボタンが左右の手足に対応しているので、初心者にも直感的で分かりやすいですね。

また、キャラによっては波動拳程度のコマンド技が少なからず存在しますが、基本はレバー入れ+攻撃ボタンで様々な技が出せるので、コマンドができなくてもある程度キャラは動かせます。この辺が海外でも大ヒットした理由かもしれません。

豊富なキャラクターも魅力です。

発売から数年経ち、キャラも徐々に追加されて、2019/8月時点で45キャラクターが使えます。どのキャラも個性的なので一通り触るだけでも面白いです。


そう、鉄拳は海外でも広くプレイされていて、2019年夏にラスベガスで行われた格闘ゲームの祭典EVOでも様々な国から参加者を集めていました。

鉄拳7のグランドファイナルは、パキスタンのAsh選手vs韓国のknee選手となり、Ash選手が見事に優勝を勝ち取っています。

EVOを制したパキスタンのAsh選手


将来は娘っ子もワールドワイドに活躍して欲しいと願っているので、どうせなら触れるゲームも国際的な物がいいかなーと。


早速触ってみる

鉄拳7のキャラクターは豊富で、美男美女、デブ、ロボット、ゲテモノ、動物、悪魔、他ゲーキャラと色々揃っています。

子供に人気の”パンダ”


セットでクマもいるので、野獣対決もいけます。

FFXVから参戦したノクト


鉄拳なのに剣を使う反則者

他ゲーからは豪鬼とギースもいて、共に弾を撃つという反則ぷりを発揮します。

豊富なキャラがいるので、色んなキャラを使って遊ぶのが楽しいようです。うちの子は女の子キャラに拘らないようで、ジャックとか平気で使ってきますね

何故か気に入ったジャック


ただ、負けず嫌いすぎて、負けそうになるとギャーギャー喚くのが・・・。強くなりそうな性格してますw


プレイ環境

2人で遊ぶためにマルチモニター化しました。

マルチモニター化した対戦環境


この方法についてご質問いただいたので紹介しておきます。

PS4からのHDMI出力を”カナーンのスプリッター”につなぎ、2つあるHDMI出力をそれぞれのモニターをつないでいます。

これです


また、このスプリッターにはHDCPを除去する機能もあるので、PS4の設定でHDCPをオフにしなくても、キャプチャーボードに映像を送ることができます。この機能も中々便利です。


もう大分上手くなってきたので、対戦するのが楽しくなってきました。引き続き”魔計画”、頑張りたいと思います!!

2019/08/13 08:59

アケコンMad Catz TE2+のカスタマイズ|ノアール天板への交換~TE2オプションパーツ・トップパネルキット・タイプNの導入~

2019年現在、あのウメヌキも現役で使用している根強い人気のアケコンMad Catz TE2+。機能と性能のバランスがとても良いアケコンです。

それだけにマッドキャッツ倒産は本当に悔やまれます。最近、香港資本で復活の兆しもあるので、アケコンファンとしては再販も期待したいところです。

このTE2+は、カスタマイズで天板の背景絵を変更できることは有名ですが、天板そのものも交換できることはあまり知られていません。

今回、フォロワー様より貴重なノアール配置の天板をお譲りいただいたので、標準のビューリックス配置の天板と交換してみたいと思います。

↓完成写真



用意するもの

・交換用天板
・+−ドライバー
・六角ドライバー


天板の取り外し

本体を開いて、写真の位置の六角ネジを外します(計8カ所)


天板のフチが取り外せます


レバーボールを取ると天板を覆うアクリル板と背景絵が取り外せます。背景絵だけを変える場合はここで交換して終わりです


配線の写真を撮っておくと後々役に立ちます


レバーとボタンを外しました


六角ネジを外して(計6カ所)、天板を取り外します



天板の取り付け

ノアール天板を取り付けます。見比べると結構違いますね


アクリル板を置いて天板のフチを取り付けます。標準のものより厚みが薄いですが使用上は問題ありません


TE2+のボタンにはこの細い透明リングが付いています。これがないとアクリル板がうまく固定されずに使用感が下がりますので、ボタン交換時などには忘れずに取り付けます


レバーとボタンを取り付けます


撮っておいた配線写真を参考に元どおりに配線します


完成!!お好みで背景絵を入れるとオリジナル感出ると思います。まずは動作チェックしましょう



使用感

ノアール配置は、レバーとボタン間に程よく距離があるので、変な姿勢にならず、ゆとりを持って操作できる感じになりました。

また、ボタンに指を置いた時に、人差し指、中指、薬指、小指の腹が自然とボタンの上にくるので、咄嗟に各ボタンを押しやすいですね。この辺は結構重要な気がします。

何より、ガンダムや鉄拳プレイヤーには、ゲーセンそのままの配置と操作感が得られるのは大きいと思います。

なお、TE2+は今では入手しずらいので、ノアール配置アケコンならこの辺もおすすめです。

HORI ファイティングスティック


HORI リアルアーケードPro.N


HORI ファイティングエッジ刃


いずれも応答性能に優れた良いアケコンだと思います(標準だとHORIオリジナルのレバーとボタンなので、三和に換装すると、より”本物”になります)

あと、Qanba Obsidianにも、オプションでノアール天板の用意があるようです(こちらはレバーボール以外は標準で三和製品が使われています)

Qanba Obsidian


ビューリックスに違和感がある方は、ノアール配置も是非試してみてください!慣れてしまうとビューリックスが窮屈に感じるくらい快適な配置かと思います。
2019/07/29 17:11

OTTO DIY V5/V2の取付方法|プロゲーマーもおすすめなレバーの遊びを調整するアケコンカスタムパーツ

最近はコンシューマ機でのプレイが中心になったということもあり、大会や対戦会でも「お気に入りのコントローラーを持参して使用する」のが定着してきました。

特にアケコンはその大きさもあり、天板のカスタマイズやレバー、ボタンの交換など、オリジナリティを主張するにはもってこい。海外の有志が中心となって開発されてきたアケコンカスタムパーツも、ぼちぼち逆輸入されて手に入れやすくなってきました。

◼︎人気のある逆輸入カスタムパーツ

・Gamer Finger
メカニカルキーボード用のスイッチを搭載した高感度なボタン

・The Link
レバーシャフトを着脱可能にする交換用シャフト、アケコンの持ち運びに最適

・OTTO DIY
三和レバー(ホリHAYABUSAレバー)の使用感をカスタムするレバーパーツセット。レバーの遊びが減ってストロークが短くなると評判です。サイズの異なるアタッチメントを付け替えて微調整も可能です。


今日はこのOTTO DIYを紹介したいと思います。


V5とV2

OTTO DIYは2種類ありますが、一言で言うとこんな感じです。

・V5
レバーの可動範囲、ストロークを短くして、よりクイックな反応のレバーにカスタムする

・V2
V5の特徴に加えて、レバーを傾ける硬さと感触も調整する

いずれも標準レバーの「遊びの広さ」を調整するので、わずかな傾けでスイッチが入るピーキーな仕様になります。人によっては誤作動が増えるかもしれませんので、付属のパーツで細かく調整していきましょう。

V2(左)とV5(右)


用意するもの
・三和レバー(またはHAYABUSAレバー)
・OTTO DIY V5 / V2
・グリス
・+/-ドライバー

グリスは何でもよいですが、アケコンメーカーも使っている「本物」はこれです。


安くすませるならこちら。


以下、三和レバーへの取り付け方を写真入りで解説します。HAYABUSAレバーでもパーツの形状こそ異なりますが、ほぼ同じ方法で取り付けることができます。

三和レバーの分解

OTTO DIYは単体では使えないアタッチメントなので、三和レバーは別途用意しましょう。標準でも静音タイプでも大丈夫です。



アケコンからレバーを取り外します


鉄板のネジを外します。このネジには赤い硬化剤のような薬品が塗られていて、ネジが硬くて舐めやすいので、ゆっくり慎重に外しましょう。

ネジには硬化剤が塗られています


鉄板が外れました


裏にしてガイドプレートのノッチを外すと取り外せます


スイッチ部品を取り外します


シャフト先端はEリングと呼ばれる部品で止められています。溝の部分に細いマイナスドライバーを差し込み外します。

レバーシャフトの部品を外します


すべての部品をバラすとこうなります



OTTO DIY V5の取り付け

まずはパーツを並べましょう


プラスチックパーツをはめていきます




裏返してナットをはめます。ドライバーの裏で押し込むと綺麗にはまります


表にして鉄板をはめてネジ止めします


OTTO(左)、三和(右)のベアリング比較。比較のため両方つけていますが実際に取り付けるのはひとつです


OTTOのベアリングをシャフトに取り付けます。このパーツには必ずグリスを塗ってください


スプリングストッパーを取り付けます。このパーツにもグリスを塗ります


スプリングを取り付けます


アクチュエータをはめます。まずは●3をつけて徐々に下げて調整するのがオススメ


Eリングをはめます。ここまではめてラジオペンチでガチっと止めます


スイッチをはめます


ガイドプレートをはめます。個人的にはBFYがいい感じ


アケコンに取り付けて完成です!



OTTO DIY V2の取り付け

まずは部品を並べてみましょう


シャフト接合部から順番に組み立てます。

半透明のテンションリングに赤いパーツをはめます。赤いパーツは半径の広い方が「上」になります


プラスチックのパーツを取り付けます


このパーツにはめてください


もう一つのプラスチックパーツをはめます


裏返してナットをはめます。ドライバーの背で押し込むといい感じにはまります


表にしてネジ止めします。付属の金色のネジは六角ドライバーが必要なので、筆者はM3 10mmの機械ネジで代用しています


シャフトを差し込みます


三和レバーから外したスプリングストッパーをそのまま使います。このパーツには取り付け前にグリスを塗りましょう


スプリングをはめます。OTTO付属のものだとさらに反発力が強くなります


アクチュエータをはめます。まずは●3をつけて徐々に下げて調整するのがオススメ


Eリングをはめます


スイッチをはめます


ガイドプレートをはめます。BFYとFDのどちらも試しましょう


アケコンに取り付ければ完成です!



OTTO DIYの調整

しっかり個別に調整した方が断然使いやすいので、ここから先はゲームをつけながらやりましょう。

慣れしたんだコンボを繰り返しやってみる方法が、体感で違いが分かりやすくていいと思います。

◼︎アクチュエータ
12mm、12.5mm、13mmの3種類が入っています(パーツに書かれた●で区別できます)。●が大きいほど外径が太くなるので、レバーの遊び幅が減ってわずかな傾けでスイッチが入るようになります。ストロークが短くなるのでレバーそのものもあまり傾かなくなります。


三和標準のアクチュエータは11mmほどなので、いずれに交換してもタイトなストロークが体感できると思います。

慣れればアケコンに付けたままでも、Eリングを外してアクチュエータの交換が可能ですので、色々試しましょう


◼︎ガイドプレート
2種類のガイドが入っており、下記のような特徴があります。斜め入力が入りにくいと感じたら、ガイドの変更で解決する場合があります。
BFY:八角ガイドに近い形状、可動範囲が広い
FD:四角ガイドに近い形状、可動範囲が狭い


◼︎テンションリング(V2のみ)
40と60の2種類あって、数字が大きい方がパーツが硬く、レバー押し込み時の感触が重くなります。


◼︎スプリング(V2のみ)
V2付属の強力なスプリング、付けるとレバーの反発力がより強くなります。


使用感

V5は三和レバーの特徴である「遊び」が減って、レバーがかなり傾かなくなるので、最初はどうかな?と思いましたが、いざ動かしてみるとギルティギアの低空ダッシュがめちゃくちゃ出やすくなるし、コマンド入力精度も向上して、文句なしの高性能でした。ただし、若干謎ジャンプしてしまうなど暴発気味にはなります。

V2は硬くてセンタリング能力の高いレバーになるので、暴発も少なくシューティングゲームにも向いています。ただし、レバーを倒す感触がむにゃっとなるので好みは分かれるかもしれません。

入力速度のあがるレバーがお好みであればV5、速度は劣るものの正確な入力が優先であればV2が無難な選択かと思います。

◼︎筆者のセッティング (参考)

V2
・Mad Catz TE2+
・JLF-TP-8YT
・12.5mmアクチュエータ
・BFYガイドプレート
・60テンションリング
・OTTOスプリング

V5
・Victrix PRO FS
・JLF-TP-8YT
・12.5mmアクチュエータ
・BFYガイドプレート

↓OTTO DIYの購入はこちら

せんごくネット
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?cid=5643

Arcade Shock(海外発送ですが1週間程で届きます)
https://arcadeshock.com/products/otto-diy-jlf-upgrade-kits

JASEN’S CUSTOMS(OTTO DIYは国内発送で3日程で届きます)
https://jasenscustoms.com/collections/otto-diy
2019/07/17 12:12

娘を対戦相手にする魔計画3 |女性格闘ゲーマーへの道~サムライスピリッツ~

娘を格ゲーの対戦相手にする”魔計画”を進めています。

嫁さんはゲームアレルギーなので、一気にやりすぎて警戒されないように、慎重にこっそりとひっそりと・・・

嫁さんの帰りが遅い日に、共有スペースのノートPCでさりげなくリモートプレイ。ゲームに興味を持たす作戦を敢行



「私もやりたい!」と反応した娘
よしよし・・・

ゲーム部屋に移動して、スリープモードで待機させていたサムライスピリッツをプレイしてもらう。キャラデザは気に入った様子。



ガチャプレイながらも一閃を繰り出す中々のセンス。”残虐表現なし”なら血しぶきもなくて安心。



でも、ダーリィのノコギリは「痛そ~」と言ってたので武器の概念は分かるみたい。

キャラを変えたいと言いだし選んだのはシャルロット。ちびっ子に金髪はマストアイテムだという事が証明された瞬間。



奥の席に移動してもらってバトル!
バトル中のリアクションが激しくて笑えるw



対戦はやはり興奮するみたいなので、寝る前ということもあり、3戦くらいで切り上げました。

勉強やスポーツは教えられないけど、これなら教えられる自信ありますね!

2019/07/09 09:00

Brook × RAP VLXでゲーセン環境|3万アケコンをマルチデバイスで使えるようにするカスタマイズ方法

ゲーセンそのままの環境を再現する目的で作られたアケコン、それがReal Arcade Pro. Premium VLX。通称RAP VLXです。

外観

全長57cm、奥行26cm、高さ8.5cm、質量5.4kgの特大サイズ。膝置きには少し厳しい大きさと重さですが、天板の作りもしっかりしていて安定感は抜群です。

今日はこのアケコンをより”完璧”に近づけるカスタマイズを紹介したいと思います。

完成品はこちら。レバーとボタンの他、内部基板にもカスタマイズを入れています。また設置台と椅子にもこだわりました。


ちなみにオリジナルのビューリックス筐体のコンパネはこんな感じ。横幅が少し狭いくらいでRAP VLXの再現性はかなり高いのがわかります。


用意するもの

・RAP VLX本体

今回紹介する内部基板の交換がスムーズに行えるVLXは、こちらの外見の物になります。PS4に対応していてタッチパッドが付いているモデルです。



・三和レバーとボタン

RAP VLXは外観こそゲーセン準拠なのですが、標準ではHORIオリジナルのレバーとボタンが採用されていて、ある意味、”本物”ではありません。しかもカラーが黒固定なんですよね。

ゲーセン準拠の操作感を再現するのであれば、好みのカラーの三和のレバーとボタンの導入は必須でしょう。

JLF-TP-8YT-SK


購入はこちら


OBSF-30


購入はこちら


・EZ Mod for Hori RAP VLX with Brook Universal Fighting Board Kit

Brook社が販売しているUFBとVLX専用の追加基板がセットになった商品です。RAP VLXをマルチ機種対応アケコンにできる他、標準では少し遅延があるVLXの応答速度も向上します。



購入はこちら。海外発送なので最短でも10日程度はかかります。
https://arcadeshock.com/products/brook-universal-fighting-board-hori-vlx-ez-mod-kit-package

・アケコン台

セミオーダーで幅と奥行を指定可能なarneのデスクです。高さが60cmなのがポイントで、アケコンを置いたときの天板の高さがほぼゲーセンと同じになります。幅75cm、奥行30cmの物を使っています。

購入はこちら


・ゲーセン椅子

佐賀の家具屋さんが制作・販売してくれた新品のゲーセン椅子です。再現性は高く、頑丈な作りで長持ちしそうです。



レバーとボタンの交換

標準だと黒のボタンが付いているVLX


このように奥から手前に開きます


三和のレバーとボタンに交換しました。色も”本物”に併せています。


内部基板の交換

Universal Fighting Borad(UFB)とVLX基板を組み立てます。

まずはUFBに付属のケーブルを差し込みます


このようにVLX基板と結線


ピンを折らないように慎重にはめ込みます


横から見るとこんな感じ


RAP VLX側の作業、このBOXを開きます


標準の基板が出てきました。各ケーブルを慎重に丁寧に外します


全部で5本のケーブルがあります。タッチパッドの平たいケーブルは取り扱いが難しいので最新の注意を払いましょう


Brook基板を取り付けます


結線後ネジで固定して完成です!


一旦動作確認をします。天板上のレバーと8+1ボタンはもちろん、右上のPSボタン、Shareボタン、L3ボタン、R3ボタン、背面のタッチパッドが動作することを確認しましょう。


アケコン台の設置

モニターの角度、位置などを考慮して設置します。

ゲーセンそのままとするならモニターは31.5インチが必要です。

安価ながらノングレアなのでこれにしました。応答速度は4ms(GTG)で許容範囲。


設置にはもちろんアーケードの筐体を参考にします


ポイントはこんな感じです。

・モニターの角度 → 75度
・レバーからモニターまでの距離 → 35cm
・モニターの高さ → 天板から10cm上

背面から採光を取れる場所にモニターを置くと綺麗に映るだけでなく、目も疲れません。


無事に完成!お疲れ様でした!!
2019/06/10 15:43

brook基板で作る理論最速のHITBOX|話題のレバーレスアケコンを自作、マルチデバイスにも対応

最近レバーレスアケコン(HITBOX)が話題です。



大体こんな流れ

格ゲー界のレジェンド”ウメハラ選手”が、レバーレスアケコンの練習を始める



大会で使用しようとCPTの大会に持ち込む



このとき、同機能のボタンが複数設置され、左右同時押しで後押し優先の設定がされている「ガフロコン(*)」を持ち込んだため、コントローラーのレギュレーション議論に発展

(*)ガフロ選手が独自に作成したレバーレスアケコン。上ボタンが複数あるなどのカスタマイズがされている。



急遽カプコンが声明を発表。実質CPTでは従来のHITBOXはOK、ガフロコンはNGとなった


なんとなく納得いかないところもありますが、今のところこの判断がルールになっていく感じです。

レバーレスアケコンは慣れこそ必要ですが、格闘ゲームではレバーより有利な場面が多くなるようです。

タメ時間の短縮、予備動作なしの前ダッシュなどなど、聞いただけでも強そう。

ウメハラ選手、ふーど選手といった超一流どころが、口を揃えて「すげーすげー」と言ってますから相当ですよね。

気になりますよね?

誘惑に負けて、作ることにしましたww

流行り物に弱いんですよ・・・

一応大会での使用も考慮して、ガフロコンではなくて、従来型のHITBOXベースで考えています。


◾️用意するもの

[ベース]
ホリ リアルアーケードプロ.V改 for XboxOne



ベースに用意したアケコンはこちら。

XboxOne用に2年ほど前に買ったのですが、もうXboxで対戦することもないかな~と思って献上しました。

それにしてもXboxOne。もう少し頑張って欲しいですよね。Xは高性能だし、セールでのゲームの値引率は半端ないし、いいハードだと思うんですけど。

国内でゲーム発売されないのホント何とかして欲しい。

と、と、脱線しました。

HITBOXはレバー用のネジ穴が不要なため、ベースの自由度は高いのですが(イオンで売っているプラスチックの”お弁当箱”をベースにした人もいるくらいです)、耐久性を考慮すると、頑丈な作りのアケコンが用意できれば、それが一番いいと思います。


[天板]
IKD Factory オリジナル天板



ゲーミングデスクを作成、販売しているぺろさん特製のアルミ天板です。軽くて丈夫です。

ドリルを用意して自前で加工!

でももちろんいいのですが、アルミ板の加工は難しいので特注して作ってもらいました。送料込みで5,000円也

こういったオーダーに応えてくれるのはありがたいですね。ほんといい世の中になりました。

ぺろさんありがとうございます!

↓ご注文はこちらから
https://ikdfactory.thebase.in


[基板]
Brook Universal Fighting Board(UFB)

https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-5DAY


Brookさまより、千石通商さまを通じてご提供頂いた基板です。

HITBOX作成にUFBは必須ではありませんが、優位な点が多々あります。

・アケコン最速クラスの応答性能(重要)
・左右同時押しの設定をジャンパピンでかんたんに変更できる
・連射機能をつけられる
・何よりマルチ機種(PS4/PS3/Switch/Wii U/XboxOne/Xbox360/NEOGEO mini/PS Classic/PC)で使える

Brookの基板は、CPTの大会でも明示的に使用が認められている事が多く、少なくともストVの大会でレギュレーション違反になる可能性は低いと思います。

ただ、ウメハラ騒動後のHITBOXに対するCPTの基準だと、左右同時押しをした場合、「ニュートラル扱い」はOKで「後押し優先」はNGとの判断なので、この辺は気をつける必要があるでしょう。

↓brook
http://www.brookaccessory.com

↓せんごくネット通販
https://www.sengoku.co.jp


[ボタン]
三和 OBSF-24(上ボタンのみ30)



定番の三和電子のボタンです。純正HITBOXは24mmをベースに上ボタンのみ30mmを使っています。

今回は純正にボタンサイズ、位置、大きさも完全に合わせたものを作るので、24mm×11と30mm×1を用意しました。

メイン操作以外にもボタンを増設するので(Option、Shareなど)、こちらにも多めに用意しています。

全部で19個使っているので、4,000円程かかりました。


◾️天板の交換

ホリのRAP.Vの天板はスチール板の上にシールを貼った作りになっています。

表面のシールを剥がすとネジ穴が出てきますので、取り外して交換します。

天板を交換した様子


天板を設置した状態でボタン穴をよく確認します。

配置が独特なので、本体のプラスチック部分に干渉しているとボタンが付けられません。

もし、干渉する場合は本体側を削る必要があります。

プラスチックは中々頑固なので、ホットカッターがあれば、それで切るのがオススメです。


◾️上下左右ボタンの設置

レバーの代わりに4方向に対応するボタンを設置します。

普通、レバーは5pin端子でつなぐようになっていて、そのままでは2本のファストン端子でつなぐボタンが付けられません。

電子工作の上級者であれば、この手のケーブルはすぐに作ってしまうのかもしれませんが、私はよく分からないので市販していたこのケーブルを買いました。

https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-5ESF


購入したケーブルを配線して、4方向ボタンの設置は完了です。


◾️8ボタンの設置

◯ × □ △ L1 L2 R1 R2ボタンを設置します。

UFBではp1-4, k1-4と書かれていますので、下記の通り対応したボタンにケーブルをつなぎます。

□ △ R1 R2 = p1 p2 p3 p4
× ◯ L1 L2 = k1 k2 k3 k4

なお、このケーブルは今回自作しました。

ベースにしたアケコンに付いている線をそのまま使っても大丈夫です。

自作するには、電工ペンチと0.5mmのケーブル、110平型端子などを揃えましょう。全部揃えても3,000円くらい

電工ペンチ


ケーブル


110平型端子メス


110平型端子スリーブ


平型端子の「かしめ方」はこちらのサイトが大変参考になりました。
https://www.diylabo.jp/basic/basic-93.html

GNDにつなぐ線は、共通でいいので、こんな感じで2本の線をかしめ、数珠つなぎの配線にするとスッキリします。



◾️増設ボタンの設置

最近のゲーム機のコントローラーはボタンが多く、ゲーム側でも機能が割り当てられていることが多くなっています。

今回のHITBOXにも下記のボタンを増設します。

PS(home)ボタン、タッチパネル、L3、R3、Option、Share、Turbo(*)

*連射設定を行うボタンです。このボタンを押しながらいずれかの8ボタンを押すと連射のON/OFF設定が可能になります。

使うボタンの種類が決まったら、必要な数だけ天板に穴を開けて取付します。

自作したケーブルをつないで設置完了です。

天板右上に4つ増設


右側面に3つ増設



◾️同時押しの設定

UFBはデフォルトでは、左右同時押しでニュートラルになります。

もし、後押し優先の設定に変えるのであれば、UFB本体のあるジャンバピンをショートさせます。

CPT基準だと後押し優先の設定はNGなので、ご利用は計画的に。今回はニュートラルのままで使うつもりです。

なお、上下同時押しの場合は後押し優先になりますが、CPT基準ではOKなので問題ないかと思います。


◾️仕上げ

配線とボタン設置が終わったら、ゲーム機につないで動作チェックします。

Turboボタンを含めた全ボタンチェックをしましょう。

動作に問題がなければ、裏ブタを閉じて元どおりネジ止めすれば完成です!


表面


ボタン位置が自分でも分からなくなったので、白ペンで書きました。

背面


お疲れ様でした!!


◾️総評

操作に慣れるまではまともに動けないです。

ストVで試したところ、↓→Pで波動拳、↓押しっぱ→→Pで昇竜拳、↓→↓→Pで真空波動拳が出ることを発見。

この昇竜コマンドは結構便利です。

簡易コマンドが設定されているゲームだと恩恵が大きそうですね。

要練習ですが楽しいですよ。

↓最悪、失敗したらこれ買いましょうw
2019/05/28 17:57

アケコンQanba Droneのレバーを短くする方法|ナットを使って好みの長さに調整しよう

1.25kgのコンパクトボディながら、ゲーセン準拠のビューリックス配置で、三和のレバーとボタンが装着可能なQanba Drone。

PS4/PS3/PCに対応している上に、連射機能も付いていて、中々使い勝手のいいアケコンです。

Qanba Evo Drone
デフォルトで三和レバーとボタンが装備されてる限定モデル(この写真の本体はボタンをGamerFingerに換装しています)


◾️Evo Droneの難点

しかし、致命的な難点がっ、がっ・・・

そう、 天板から上のレバー長が長い んですよ!



約60mmあります

ゲーセンの標準だと55mm程度なので、「そんなん関係ねぇー」って勇者は読み飛ばしてください。

でも、でもですね、ゲーセンのレバー長ってのはもう20年前から不変なんですよ、芸術なんですよ。

慣れている人ほど使いにくいでしょう。

例えば、家では他のアケコン(55mm)で、外ではDrone(60mm)みたいな使い方をしたくても、レバー長が違うのはかなりストレスなので、きっとプレイに影響出ます。

まあ、負けたらコントローラーのせいにします(少なくとも俺は)

◾️ならば短くしてしまおう!!

三和レバーが付いているEvo Droneで試した方法です。Droneオリジナルの標準レバーで、同じ調整ができるかは不明です。

オリジナルでも三和レバーに換装できるので、換装後はこの方法で長さが調整できると思います。なお、三和レバーに換装する際は、こちらのケーブルも必要になります。



◾️用意するもの

・ドライバー
・M3 12mmの皿頭ネジ×4本
・M3 2.5mmのナット×8

↓面倒ならこれに全部入っています


◾️作業手順

とりあえずレバーを外します。


こんな感じでシャフトも外すと作業しやすいです


鉄板を外します。ネジに赤い硬化剤のようなものが付いているので、初めて外すときはネジを舐めやすいです。押しつけ8、回し2くらいの力配分で回すのが吉。


この外した鉄板とレバーの間にナットを挟むのが目的です。

そのままナットをつけるとネジの長さが足りなくなってしまうので、最初に付いているM3 8mmのネジを12mmに交換します。

左が8mm、右が12mmのネジ


鉄板を裏返しにして、12mmのネジを下から差し込み、ナットを2つずつ止めます。


鉄板を元どおりに止めます。


この時鉄板とナットが締まりすぎると、ネジが回らなくなってしまうので、緩めては締める、緩めては締めるを繰り返して、ネジが奥まで締まるようにするのがコツです。

シャフトを取り付けます。


レバーを本体に取り付けて作業完了!


55mm程度になっていると思います。

お疲れ様でした!

◾️感想

むっちゃくちゃ使いやすいです。今まで何だったんだという感じ。

鉄板がガタガタしないようにちゃんとネジを締めれば、安定感も変わりありません。

基板も低遅延で優秀なので、軽さが問題なければ、メインアケコンとしても充分使っていけると思います。

◾️その他おすすめのカスタマイズ

シャフトを着脱式に変更すると、コンパクトボディの上にさらに持ち運びが楽になりますから、オススメなカスタマイズですね。

見た目は普通ですが・・・


レバーを取り外して持ち運ぶことができます


◾️Qanba Droneの購入

2019/05/22 09:16

三和着脱レバーを固定する|取れやすいレバーボールの対策

アケコンを持ち運ぶ際に邪魔になるのが、レバーシャフト。

あまり大きな力を加えてしまうとスイッチ部分の故障が心配なので、毛布でくるんだりと結構気を使います。

そんな要望に応える形で発売されたのが、三和電子の「着脱式レバー」です。


見た目はほとんど変わらず、レバーシャフトが取り外せるようになります。



遠征勢には頼もしいアイテムです。

◾️着脱式レバーの構造

通常レバーのシャフトを着脱式シャフトに交換しただけのシンプルな構造をしています。

なので「シャフト部分だけを静音レバーに交換する」なんてこともできます。

分解した状態、左側の銀色の棒が着脱式シャフトです。


◾着脱式レバーの問題点️

レバーの根元が外れるので、シャフトの根元をしっかりと締めないとグラグラして操作に影響します。

しかし、しっかり締めるほど、シャフトはレバーボールと同じネジ式なので、取り外すときにレバーボールだけが取れてしまい、残ったシャフトのみを外すのに大変苦労します。

◾️レバーボールを接着剤で固定してしまう方法

着脱式シャフトの欠点を解消するには、これが簡単で確実な方法ですが、

「日によってレバーボールを交換する」

みたいな洒落た人はやめときましょう。

覚悟が決まったら、我らがアロンアルファの出番です。この作業は後戻りできません。

プロ用なので効き目も凄いです。   少量(1-2滴)をネジ穴に垂らします。


多すぎるとシャフトをはめたときにはみ出して悲惨なことになりますので注意。

あとはシャフトをねじ込めば完成!

見た目は変わりませんがもう取れません


◾️レバーパッキンを使って固定する方法

ボール締めの時にレバーパッキンを使って固定する方法です。

着脱式シャフトを軽く締めてレバーパッキンを挟みます


レバーボールを取り付けます


マイナスドライバーを背面からあてて、レバーボールをグッと締めます


挟んだレバーパッキンを取ります。かなり硬いのでテコの原理で外しましょう


レバーヘッドを軽く締めたら完成です


シャフトとボールがしっかり締まっているので、取り外そうとすると、このようにシャフトごと取れるようになります


いずれかの方法で固定すると、着脱式レバー使用時のストレスが確実に軽くなると思います。

装着して


外すのもドライバー1本で楽々。豪鬼も嬉しそう


Pantheraならこんな感じで収納も可能です


◾️もし接着剤がはみ出してしまったら

あるあるなシチュエーションです(俺もはみ出しました)

焦らず対処しましょう。

除光液


まずこれを持ってきてください。

奥様やお母様に聞けば出てくると思います。爪のマニキュアとかを取る薬品です。

無ければ買いましょう。アセトン入りの方が落ちがいいです   除光液をコットンに少量取り、接着剤がはみ出した箇所を擦ります。

レバーボールの色素を若干剥がしながらも、接着剤も取れるはずです。

サンドペーパー


除光液で取れなかったら削るしかありません。

サンドペーパーは数が大きいほど目が細かくなります。

こういうセットで持っておくと便利   小さい数字から大きな数字の順番でかけます。

400番から1000番あたりまでかければいい感じになると思います。

コンパウンド


仕上げに使います。車用ので構いません。

目が粗い方から順番にかけていきます。丁寧にこすればかなりのツヤが出てきますよ。

手触りを確かめて、問題なければ完成!!

お疲れ様でした!!

※ちなみに超極細のコンパウンドは色々なところのツヤ出しに使えるので持っておくと便利です。
(やりすぎには注意)

超極細が0.2ミクロンと小さいのでツヤ出しに最適なホルツのコンパウンド  
2019/05/15 12:44

三和のレバーガイド(透明と青)の違い|高反発静音レバーのガイドプレートは何が違う?

三和の通常レバーに付属している透明レバーガイドと、静音レバーに付属している青色レバーガイドの違いを、Twitterで知りたがっている人がいたので調べてみました。

通常レバーの四角ガイド(透明ガイド)


静音レバーの四角ガイド(青ガイド)


◼️裏側(上側)の穴のサイズ

透明ガイド 16mm


青ガイド 16mm

※違いはありませんでした。

◼️表側(下側)の穴のサイズ

透明ガイド 18mm


青ガイド 18mm

※違いはありませんでした。ガイドは下に向かってすり鉢状に広がっているので、表側の方が広くなっています。

◼️重さ

透明ガイド 10g


青ガイド 9g

※違い発見!青ガイドの方が若干軽いです。だから?とか言わない!

◼️形状


※違い発見!透明ガイドには上側に突起物があります。また、青ガイドの方が足が1-2mm長くなっています。この足はレバー本体部にはめ込みます。ちなみに別売りの八角ガイドも足が短いタイプでした。

◼️操作感

ここからは主観になりますが、青ガイドの方が、ゆるい感じがとれてレバーが若干固くなった印象になります。

おそらく、レバーガイド底面部の足が長いため、レバー部分にしっかりとハマって、ブレなくガイドとしての役割をより果たしているのではないかと思います。

青ガイドを通常レバーに取り付ける事はもちろん可能ですので(逆も可能)、レバーの微妙なレスポンスを調整したいときに、八角ガイドに変える以外にも、青ガイドに変えるという選択肢を考えても良いかもしれません。

通常レバー+青ガイド


青ガイドはバラ売りしておらず、静音レバーごと買わないといけないので、そこは少し敷居が高いです。


2019/04/15 18:21

話題のアケコンボタンGamerFingerを試す|CHERRY MX製、通称“銀軸”を搭載する高級アケコンボタン

最近大人気のアケコンボタンがあります。GamerFingerというボタンです。



◾️GamerFingerの構造

台湾発のこちらのボタンは、三和やセイミツ、ホリが作っているような押し込みボタンとは構造が異なり、ゲーミングキーボードに使われているCherry MXのメカニカルキースイッチを搭載しています。

GamerFingerには、標準で『銀軸』スイッチが搭載されており、この軸の反応が素晴らしくて格ゲー向けに仕上がっています。具体的にはボタンを押してからのレスポンスが明らかに向上すると思います。

なお、ボタン内部の『軸』は自由に交換が可能で、交換することで押し込み量や打鍵感覚、静音性能が好みによって変えられるという、まさにワガママ仕様なボタンを作るにはもってこいの商品となっています。

◾️【Cherry MX】メカニカルキースイッチの特徴

『銀軸』
キー反応速度とキーが浅めになっています。反応が早すぎると感じるようなら交換しても良いかもしれません。静音性やクリック感は赤軸と茶軸の間ぐらいです。

三和静音ボタン vs GF銀軸


『赤軸』
打鍵音が静かでキーのタッチが軽い人気の軸です。静音性が高いので夜中に使う方にもオススメです。

『茶軸』
赤軸と青軸の中間の性能です。ほどほどのタッチ感と静音性があります。

『青軸』
一番打鍵感があるキーです。押すとカタカタカタと小気味良い音がなります。押し心地がいいのでPCゲーマーに人気がありますが、その分キーの音がうるさいです。

『黒軸』
キーストロークが重めでクリック感があまりなく静音性が高い軸です。

『ピンク軸』
こちらは静音性特化のキーになっています。ほとんど音がしません。

銀軸のままでもボタンのレスポンスが良くなり、三和ボタンに比べると静音性も高いので使いやすいですが、青軸がかなりいい音がするので余裕があれば是非試して欲しいですね。

◾️ネジ式とはめ込み式

ネジ式は微妙に場所を取るので、アケコンによっては入らない場合もあります。特にこだわりがなければはめ込み式をオススメしますが、アケコン側の穴の作りが甘いと、ボタンが固定されずにクルクルと回ってしまったりするので、こういった場合はネジ式であればしっかりと固定できると思います。

◾️購入はこちら

せんごくネット
https://sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?multi=GamerFinger


2019/03/30 13:36

4万アケコン!Victrix PRO Fight Stickの使用感レビュー|海外プロゲーマーも愛用する筐体性能とカスタマイズの自由度を徹底解剖

2019/3月に発売されたVictrix PRO Fight Stick、北米Amazon価格で$349.99(約4万円)の最高級アケコンです。



Razer Panthera EvoやHORI Fighting Edgeの売価が$199.99なのでVictrixは相当高いですね。差額分の価値があるのかどうか?何とか入手しましたのでゲーマー視点で紹介したいと思います。

Victrixは聞きなれないメーカーですが、アメリカサンディエゴの新参メーカーとのこと。サンディエゴは西海岸最大の米軍基地がある街なのですが、軍事技術を民間通信に転用したクァルコムという企業が大躍進して(現在スマホのチップセットはほとんどがクァルコム製です)、IT企業が集まるようになってきました。ようは確かなものを作る風土のメーカーだと言うこと。旧Mad Catzもこの街の会社でした。信じていいと個人的には思います。

外観
アルミボディが美しい天板で表面はひんやりとします。レバーとボタンの手前側が若干傾斜していて、ポジションを取った時に自然な感じで手が添えられます。

箱から取り出した状態。レバーが付いていない?


裏側、膝置きでも冷たくないように樹脂製になっています。左右の穴は持ち手にピッタリ


横幅は41cm


縦幅は28cm


高さは6cm


手前側の高さは5.5cm、筐体の途中から手前側が少し傾斜しています。この傾斜が中々良くて右手を置いた時のポジションが安定します


メジャーの位置から手前側に傾斜しています(×ボタンから約3cmの位置)


RAPビューリックスでも3cmのところで傾斜していますので、この感覚に近いです。


構成パーツ
つまみをスライドするだけで簡単に開けられます。もちろんドライバー不要です


三和レバーJLF-TP-8YT-SK。セイミツレバー用のネジ穴がなくて取付不可、また、突起物が邪魔でHAYABUSAレバーも取付できませんでした。


三和ボタンOBSF-30


筐体内部にVictrixオリジナルの着脱式シャフトが収納されており、これを取り付けます


なお、三和標準のレバーシャフトも同梱されており、こちらに戻すことも可能です


着脱式シャフトを取り付けて使える状態になりました


着脱は数秒でできて便利!

この着脱レバーの難点は、レバーボールが取り外せないことです(正確には取り外せるのですが市販のレバーボールを付けると全体が5mmほど長くなってしまいます)。ボールの色を変えたい場合は、三和の着脱レバーなどに交換する必要があります。

ケーブル
ケーブルも着脱式になっています。USBタイプCなので表裏関係なくさせます。また、自分で好きなデザインや長さのケーブルを用意してもOKです。

汎用的なUSBタイプCを採用したケーブル


本体の背面中央に取り付けます


背面の突起物に巻きつけて固定できます


ケーブルを挿すと側面のLEDライトが光ります。これぞゲーミングコントローラー!!

なお、接続可能な機器はPS4とPC(Windows10+Steamで動作確認)です。Xbox版も発売されていてXboxOneとPCがサポートされます。なお、これ以外のゲーム機でも変換器を別途用意すれば使うことができます。

手前側中央にイヤホンジャックがあります。感度はまずまずでノイズ乗りもありません


レバーとボタン
レバーとボタンの配置はアーケードのビューリックス準拠になっていますが、レバーとボタンの間隔は少し広めにとられています。

Victrixは約6cm空いています


RAPビューリックス(ゲーセンと同じアケコン)。約4.5cmと狭い


Panthera。間隔は約5.5cmですがボタン配置もビューリックスより幅広となっています


レバーの長さ
こだわりポイントで、この長さが違うと結構操作感に影響があります。ベストは5.6cm。Qanba社のEvo Droneは約6.1cmなので個人的には好きではありません。

Victrix、約5.6cm


RAPビューリックス、約5.6cm


Panthera、約5.6cm


ストラップ
背面の突起物にはストラップも付けられます。着脱レバーに本体背面の大きな持ち手、巻きつけ可能なケーブルなど、大会での取り扱いをかなり考慮した作りになっています。

マッドキャッツのストラップを付けてみた様子


カスタマイズ
開閉式なのでレバーとボタンの交換は容易ですが、ドライバーは付属していませんので別途用意しましょう。

ネジ式のセイミツボタンも大丈夫です。レバーの改造パーツOTTO DIY V5ももちろんOK


三和の着脱レバーにセイミツのクリアレバーボール、GamerFingerボタンに交換してみた様子


紫の発光によく似合います


天板はアルミなので交換できませんが、アメリカラスベガスで行われたEVO2019という大会で、天板に画像を描いた限定モデルが販売されました。

リュウモデル


春麗モデル


この画像は天板を専用機器のレーザーで削ると描けるそうです。会場では好きな画像データを自分のVictrixに彫ってもらえるサービスもあったようなので(やり直し不可のタトゥーみたいですが)、こういったサービスも是非一緒に上陸してもらいたいですね。

その他、限定版の違いについてはこちらにまとめています。

購入方法
2019/3月現在、日本の代理店が決まっていないので国内販売は不明です。直接アメリカに買い付けに行くか、米Amazonで個人輸入するしかないと思います。

PS4版

XboxOne版

※送料+7,000円ほど、総額47,000円ほどかかりますが10日ほどで手元に届きます。

総評
見た目も格好良く、天板傾斜や着脱式レバーなど、欲しい機能が揃っているアケコンだと思いました。個人的にはもう少しだけレバーとボタンが手前側に付いていれば最高なのですが、全体的にバランスが良いのでメインアケコンとして使っていこうと思います。
2019/03/15 08:52

ストVタイプアーケード デビュー|PS4コントローラーも動作確認済み、ネシカカードの登録方法もご紹介


ストリートファイターV タイプアーケードの稼働初日に行ってきました。

朝一から突撃したタイトーステーション和光


◾️筐体

専用コンパネが眩しいストV。ビューリックス配置のレバーと8ボタン、スタートボタン右側の黒い箱にはUSB端子が付いていて、外部コントローラーをつなげます。

三和レバーとボタンです


コマンドの書かれたインストに胸熱


筐体上にもインスト


最初のモード選択画面でスタートボタンを押すとキーコンフィグが開けます。主に4列目のボタンの設定になると思います(デフォはPPPとKKK)。

なお、PS4のDualShock4をつないでみると、画面左下に「コントローラーが接続されました」と表示されてすぐに使えました。外部コントローラーを接続すると筐体のレバーとボタンは無効になるので、誤動作防止にもいい感じです。

有線でDS4はスタートボタン含めて動きます。


◾️ネシカカード

恐らく必須となるネシカカード、ゲーセン内で300円で売ってます。店舗によってはストVデザインの限定カードがあるみたいです。

販売機がなければ店員さんに聞きましょう


筐体のこの位置にネシカカードを置いてプレイ


最初だけ「このネシカを使いますか?」みたいな画面が出るので「はい」を選んで進みます

◾️全国対戦(オンライン対戦)

全国のゲーセンでプレイする猛者たちと戦えます。ただし、ストVアーケードのオンライン対戦には連勝制限(規定数に達するとゲームオーバー)があります。

タイステ和光では店内対戦は無制限、全国対戦(オンライン)は10連勝の設定でした(ネシカカードなしだと3連勝までなのでカードはほぼ必須ですね)。なお、お店によってこの設定は異なるようです。

画面右下に連勝制限が表示されます


いざ対戦!1分もしないですぐにマッチング


2ラウンド先取の男の1先!


勝利!


負けたら連コインでリベンジ可能(待ってる人がいないか確認しましょう)


◾️ネシカカードについて

↓プレイ後にネシカカードを登録しておきましょう。
https://nesica.net/regist

新規登録から進んでください


↓さらにこちらで家庭用のFighter’s IDと紐づけると、家庭用で解放したコスを選べるようになります
https://sfvac.jp/

まずはネシカで登録したIDとパスワードでログインします


↓ニックネームを登録すると、ゲーム画面のNONAMEが名前になり、ランキングでも名前が表示されるようになります。


3分のプレイに100円を溶かしていくこの研ぎ澄まされた感覚。何だかとても懐かしい。

いいね!通いますよ!
2019/03/12 18:19

DOA6 初心者にオススメな格ゲー

3月に発売された「デッドオアアライブ6(DOA6)」が面白いです。

今後増えてくコスも楽しみのポイント


DOA6はパンチ(P)、キック(K)、ガード(H)の3つのボタンでプレイできる対戦格闘ゲームです。適当にPやKを連打しているだけでもコンボになりますので敷居はかなり低いと思います。アケコンでもパッドでも大丈夫です。

今回Sボタンが追加されており、このボタンの技はどれも強力。↑or↓+S>Sで出るサイドアタックが攻撃をかわしながら相手を突き飛ばすので、全然勝てないようなら是非使ってみてください。また、ゲージを使っての専用技はいずれも強力なので、お互いに使いどころを読み合う面白さが生まれたと思います。

強い技を理解して打っていけば連勝もいけます


あと、起動や対戦時のロードがかなり速くて快適です。短い時間でもサクッと遊べるのはいいですね。なお、PS4 PRO同士だとさらに速くなるようです。

前作に比べてキャラやステージが少ない点、フレンドとオンライン対戦できるモードがない点は正直不満ですが、この辺りはおいおい追加されていくようです。気長に待ちましょう。

※発売直後でランクマのマッチングバランスがとてもいいので、実力の近い相手との対戦が楽しめます。

なお、コスに関してはゲーム代より高い1万円のシーズンパスが売っているくらいなので、コンプリートを目指すには相当なお金がかかりそうです。推しキャラの良さげな衣装を数着だけ買って、とにかく対戦を楽しむのが、このゲームとの最良な付き合い方ですかね

15時間ほどでプラチナトロフィーもゲット


プレマ搭載されたら是非フレ対戦もやりましょう!オススメ!

2019/03/04 08:36

三和着脱レバーを静音化する|取り外し可能なシャフトを高反発静音レバーに移植する方法

EVO JAPAN 2019で先行販売された三和のシャフト取り外し可能なレバー。同じく三和の高反発静音レバーに移植することに成功したので記事にしておきます。

このレバー、Eスポーツブームでゲーム大会も増えており、マイコントローラーを持参するのは半ば常識となっているので、アケコンを使う格ゲーマーならば用意しておきたいアイテムだと思います。

シャフトを取り外した状態


今回、知人のツテで1つ入手しました。このレバーは三和の標準レバー(JLF-TP-8YT)をベースにしているので、普段使っている高反発静音レバー(JLF-TPRG-8BYT)にシャフト部分を移植してみました。

左:シャフト取り外しレバー、右:高反発静音レバー


基板の構造はほぼ同じです


平鉄板を外した状態(レバーの移植だけなら外す必要はありません)


レバー棒底面部のEリングを外します


ラジオペンチを使ってこんな感じで力を加えると外せます


Eリングを外すとこの状態にバラせます。シャフト(金属の棒)だけを交換して元に戻しましょう


はめる時はここまで手ではめて、後はラジオペンチでカチッというまで挟んで止めます


静音シャフト取り外しレバーの完成です!


動作の方も良好です。交換前と同様の使用感で違和感もありません。オススメ!

2019/02/21 17:47

PS4 PROのSSD換装|内蔵HDDを交換して爆速環境を手に入れよう!

格ゲー界にPS4 PROブームが来たようなので、現在最強と思われるPS4 PRO+SSD環境にサクッとしちゃいましょう。

※SSD換装にはパソコンが必要です
※すべてのゲームのセーブデータはPS+にアップロードしておきましょう

◾️HDDの取り外し

PS4 PROを裏返します


左下のカバーが取れるので開きます。少し硬いのでマイナスドライバーを当ててパコっと開いてもOK


ここのネジを取ります。大きさの割にネジ穴が小さいので小さめのドライバーを使ってください


ネジが取れたらHDDを引き出します


この部分にネジがあるので外します。全部で4ヶ所


こんな感じで分離します。分離する前にHDDの端子の向きを確認しておいてください


◾️SSDへの入れ替え

SSDに入れ替えますよ。


SSDの方が普通は薄いので金属板をはめづらいかもですが、ネジ穴の位置をちゃんと合わせて止めてください。向きも元のHDDと同じ向きになるようにします


向きがあっていればスルっと差し込めると思います。ここは無理すると壊すので怪しかったらSSDの向きとかネジ止めを確認しましょう


換装したPS4 PROとHDD


◾️システムファイルのセットアップ

ここからセットアップに入ります。付けたばかりのSSDは空っぽなので、PS4のシステムファイルをインストールしなければなりません。

https://www.jp.playstation.com/ps4/system-update/

ここから、再インストール用のファイルをダウンロードして、図のフォルダ構成に従ってUSBメモリーに保存します。


こういう事


PS4 PROにUSBメモリーを差し込んで電源を入れます


「コントローラーを有線で繋いでください」という画面の後にこのような画面になります。OKで進みます


この画面で「はい」


しばらく待つと、いつも通りPS4が立ち上がってきますので、後は画面の指示に従って(古いPS4からソフト+データのコピーなどができます)、設定すればOK!

◾️おすすめの設定

PS4 PROの「設定>システム>ブーストモード」をONにすると、PROに最適化されていないゲームでもフレームレートが安定して表示が滑らかになります。STG、格ゲー、音ゲープレイヤーは是非ONにしましょう。


お疲れ様でした!!

写真撮りながら20分程度で作業完了です。

↓今回つけたのはこれ、256GB以上じゃないとPS4には使えないので容量は気をつけてください
2019/02/08 16:52

スマブラに最適!ゲームキューブコントローラーを無線で使える変換器のレビュー|Nintendo Switch用、Wiiのスーパーファミコンコントローラーも接続可能

Switch版のスマブラが発売されて、再び注目を集めているのが、ゲームキューブコントローラー(通称:GCコン)です。個人的には「慣れている」とは言い難いコントローラーなのですが、上級者の間では「スマブラと言えばGCコン」みたいな雰囲気なので、習うより慣れろということで試してみることにしました。

とはいえ、GCコンをSwitchで使うには変換器が必須になります。任天堂の純正品は例によって品薄で、これを書いている2019/2月でもその状況は改善していません。そのためサードパーティ製で探しました。ようやく、なかなかの品を見つけたので紹介します。

8BitDo GBros. Wireless Adapter for Switch


こんな感じでGCコンを無線で使えます。遅延も感じません。もちろん、テーブルモードでもTVモードでも大丈夫です。


GCコンはここに指します。繋げるのは1つだけですね


Wiiのクラシックコントローラーにも対応していてこちらに指します。純正品のみ対応


オススメはWiiのスーパーファミコン風コントローラー、ニンテンドーオンラインのファミコンゲームをSFCコントローラーでやるのは中々乙な体験です。

SFCコントローラーも無線で使えます


試しに両方挿してみましたが同時に使えるのはどちらか1つだけでした


付属のUSBケーブルで有線接続も可能です。さらに低遅延になるようですが、体感で差は分からないレベルです


単三乾電池2本で約30時間使えます。なお有線時は電池不要で動作するのは便利


無線接続時はこんな感じでコントローラーを取り回せます。変換器ごと持ち運べるのでケーブルは短くすると使いやすいですね


各ボタンの用途です。GCコンにはホームボタンやキャプチャーボタンがないので、使う場合はこちらを押してください

X/Sの切り替えスイッチを変えると3秒くらいでPCに切り替わります。Switch用とPC用それぞれで無線の設定を覚えててくれるので、あらかじめPCでもペアリングしておくとすぐに切り替えて使えます

ペアリング方法ですが、最初はSwitchをこの画面にして変換器の黄色いボタンを押します。新たにコントローラーが表示されるのでAボタンを押して追加(ペアリング登録)します。次回からは黄色いボタンを押すだけですぐに使えるようになります


バイブレーターも動作しますがプロコンのようなHD振動ではないので震え方は粗く感じます。

なお、友達などと複数のGCコンを使いたい場合は、素直にタップ型の変換器を用意した方が安上がりでいいですね。


より便利に使うには

初期ファームウェアだとL2, R2ボタンのみアナログ入力が非対応になっています。サポートページで最新のファームウェアを入れれば直ります。

導入にはPCが必要です
サイバーガジェットのサポートページ