FC2ブログ
2017/02/15 19:31

ダライアスバーストACEX 裏光導ルートORVの1cc達成



怒首領蜂大復活(黒)の攻略が牛歩のようにしか進まないので(それでも少しずつは前には進めんでいる)、とにかくワンコインクリアしたい!とタイトー和光のダラバーをやってきた。

クジラルートは全然練習していないため、まだ未クリアの裏光導ルートORVにトライ(難易度ランク6)。バーストカウンターを使いこなせないので、自機はもちろんGAIDEN。すべて避けて、要所でボムればいいんだよ。と挑む。

久しぶりのこの筐体、やはりボディソニックの迫力は凄まじい。尻からジンジンくる振動を楽しみながらノーミスでシーラカンスを倒してZONE Oクリア。やはり楽しいなー。

続くZONE Rは隕石帯の中ボスウナギ(アナゴ?)に削られ、中盤の大量雑魚に火力負けして被弾少々と苦戦。それでもボスのエイは何なくいなして無事にクリア。この時点でARMも十分残せたので1ccは大丈夫かなーと手応えを感じる。

最後のZONE Vは道中はノーミス、自機もパワーアップしているのでこちらの方が簡単だった。ボスの金エビはラスボスらしくまぁ固い。家庭用では何度も戦っているので大体のパターンはOKなので、ARMを7残して何とかクリア!

目標通り1cc達成したので満足。
100円だけ使ってゲーセンを後にする。

そうそう、このタイトー和光にあったAPMのシングル台が撤去されていた。火曜日の100円2クレデーでカラドリウスができなくなってしまったのは残念。対戦台だとギルティギアと被るのでSTGやるのは気がひける(カラドリウスを2クレやると1時間遊べちゃうからね・・・)。

何故か設置され続けている達人(100円2クレ)でも今度やってみるかな?
2016/10/25 09:03

ダライアスバーストACEX 光導ルートの1cc達成!

VitaのダライアスバーストCSでは、最近アーケードモードばかりプレイしている。いざプレイしてみて思ったのが、「ACモードこそ"本物"でCSモードは"おまけ"」だということ。

CSモードだと退屈だった雑魚敵も、ACモードでは広い画面を生かし縦横無尽に圧倒してくる。アーケードシューティングらしくパワーアップアイテムも絶妙なバランスで配置されており、CSモードのように無双プレイは許されない。巨大ボスに至っては画面が広いだけでも迫力満点だが、同時に2匹相手にするような過酷なステージもあったりする。

いくつかのルートはノーミスクリア出来るようになったので、ゲーセンでの1ccを達成すべく、ダライアスACEXを求めて遠征した。



和光のタイトーで見つけた初めて見るダライアスACEXのゲーセン筐体は迫力のデカさ! モニターも32インチの2連?よく分からないけど、座席から見渡せるほどの大きなモニターがちょうどいい距離に設置されている。解像度もVitaとは段違いに綺麗だ。

このゲーセンでは1プレイ100円だが1時間500円での時間貸しも出来るようだ。最近こういうサービスをよく見かける。格ゲーはともかくシューティングだと元を取るのは難しそうだけど、とりあえずは100円を投入して記念すべき初プレイ!

■1ccへ初挑戦!
自機はGAIDEN、最初なのでA→D→Hの"光導ルート(難易度5)"の予定。まず開始早々のシート振動にビビった。音楽に合わせてズンズンと揺れる。これがボディソニックというやつか!? ボスはもちろん雑魚編隊の破壊ですら効果音が響いてきて重々しい。音楽も素晴らしく4D映画館を初めて体験したときのような迫力だ。これでこそゲーセンに来た甲斐があった。

軽く興奮しながらもプレイは順調で、シーラカンス→エイ→エビと危なげなく倒し、無事に1ccを達成! カラドリウス以来久しぶりなので嬉しい! しかしこの興奮はゲーセン筐体でしか味わえないなぁ、凄いなこの筐体は!



ダライアスACEX、家庭用でも「ルートQUZのノーダメージクリア」とか難易度の高いトロフィーがあることだし、何より筐体の凄さにビビったのでもう少し練習してみようと思う。次はCGLの"捕鯨ルート(難易度10)"にトライしてみようと思う!


2016/06/30 23:03

ダライアスCSモードクリア!苦節30時間・・・


ダライアスバーストCSの「CSモード」をようやくクリアした。移動中にプレイを続けて3ヶ月、のべ30-40時間はプレイしたと思う。

序盤は機体も持っていないため、プリセット機体での出撃を余儀なくされ、ステージの構成を楽しんだり、新たなボスの攻撃パターンを研究したり、ギリギリのところでクリアしたりとSTGの醍醐味が存分に味わえた。

しかし、機体の揃ってきた中盤以降は間延びした感がある。自由選択の機体は武装やシールドが任意に強化できてプレイが格段に楽になる(いつでもバーストが打てるムラクモが圧倒的に強い!)。エリア途中でゲームオーバーになるとコンティニュー出来ない仕様なのと、機体の強化に必要なお金も微々たるものなので、徐々にプリセット機体の出番はなくなり、エリアに与えられた制約条件は形骸化し、強化した機体でゴリ押しするだけになりがちだった。しかもエリア数は呆れるほど多い。

ステージ構成も8ステージ程度のエリアなら、ゲームオーバー後に再挑戦する気にもなるのだが、14ステージとかの最後のボスでやられたりすると流石にやる気が削がれる。そのため、全機体を解放した後半は、必要以上にシールドを積んだ強化機体しか使っていなかった。

せめて、ステージは最大8程度にして、機体の強化もエリアの制約条件内とするなど、1つ1つのエリアの充実度をもう少し煮詰めて、エリア数を減らしても良かったと思う。少なくともゲーム序盤が1番きつくて、後半ほど楽なゲームデザインはいまいちだと思った。

それでも、一定のスコアを達成するとステージ分岐するエリアは楽しめた。序盤の2ステージで6,500万点を達成すると分岐ステージに進むといった演出だ。機体によって雑魚殲滅が得意だったり、ボス攻略が楽だったりとアクが強いので、スコアの条件を満たすにはどの機体でどう攻略していけばよいか試行錯誤が必要だった。こういったリプレイ性の高いエリアはSTGには不可欠だろう(シールド制限や武装制限などがあっても面白い)。こういったエリアはもっと増やして欲しかった。

なお、トロフィーは現在60%の取得率だ。しかしこの先が厳しい。「CSモードの全エリア制覇」や「全ボスのバーストカウンター撃破(亜種含む)」のような作業系、「ACモードのノーミスクリア」のような実力系が残っており、ここから+30時間でも揃うかどうか怪しい。実際、2016/6/30現在でプラチナ取得率は0.2%とかなりの高難度を誇る。無理もないだろう。

しばらくは余韻に浸りつつ、次はあまりプレイしていないACモードを攻略してみよう思う。
2016/03/28 13:56

ダライアスCS買いました。


遅ればせながら評判の良いVITA版ダライアスバーストCSを購入した。

評判違わずとても面白い。

今回購入に当たっては、2画面プレイ可能なPC版か大画面テレビでプレイしやすいPS4版か悩んだが、結局はVITA版にした(w。本格的にアーケード1ccを目指すならVITA版はあり得ないが、何しろダライアス自体が初心者なので、しばらくはライトに付き合おうと思う。そんな目的だとどこでも手軽にプレイ出来るVITA版は魅力的だ。



少し触った感じ、単純な弾幕シューティングではなく、機雷やレーザー、体当たりなど豊富な攻撃を組み合わせてくる。また、横スクの伝統「地形」もステージによっては厳しい障害となる。

自機は機体の性能差が大きく、基本的に全く異なる武装を保持する。そのため、機体を変えるだけでステージ攻略が楽になったり、逆に厳しくなったりと攻略の幅が広く感じる。サウンドも心地よく、VITAのスティックでの操作が中々快適なのもポイントが高い。

なお、VITAでのアーケードモードは、表示がかなり小さくなり特に文字を読むのは厳しいが、シューティングゲームとしては何とかプレイ可能だ。本体からHDMI出力ができれば大画面でもプレイできるし最高なんだけど、VITAの仕様だから仕方ない(VITA TVなら可能)。

余談だが、池袋東口のヤマダ電機ビル6Fのツクモ電機に、なんと2画面のダライアスCSがプレイアブル状態で展示してある。ご丁寧にアケコンまで設置して。27インチ×2の液晶モニターはかなりの薄型フレームで継ぎ目もほとんど気にならない。久しぶりにゲーム画面を見て軽く興奮した。

「ついにダライアスが完全移植!!」と

振り返れば、ダライアスは4:3モニターを3台並べるという無茶偉業を成し遂げ、その超横長画面で巨大お魚ボスに立ち向かうという異色なシューティング。この大型筐体に挑むには1Play200円という高額ペイが必要で、世の中はバブル絶頂期で浮かれていたがプレイし続けていた人はごく一部だったと思う。もちろん、貧乏人な私は1, 2回しかプレイした事がない。(同じくスペースハリアーも・・・)

家庭用の移植では3画面が1画面に収まるはずもなく、様々なアレンジがされたが、結局は「ゲーセンとは違う」の評価。そりゃ当たり前だ。なので個人的にも横スクはPSへの移植が完璧だったパロディウス最強!だった。

しかし、時は流れて、16:9モニターが標準になり、大型テレビやフチなしモニターも普及し、ダライアスにはうってつけの環境が各家庭に整ってきている。このシューティング氷河期のご時世に、再び発売に踏み切ったのも恐らくこのような背景があるからだろう。

歴史を噛み締めながら、じっくりプレイしていきたいと思う。