FC2ブログ
2016/08/31 09:25

KOF14 発売


待望のKOF14が発売された! このシリーズは初代の94が駄菓子屋の店先に導入されたときの衝撃を良く覚えている。写実的に書き込まれた美しいグラフィック、3人で戦うというチーム戦、いずれも斬新で、文字通り"虜"になってプレイした。

それ以来、毎年のように発売されるシリーズを欠かすことなく98まではハマっていたと思う。しかし98を境にあまりプレイしなくなった。この頃は格闘ブームも下火になってきて、プレイを続ける友人も減ってきていた。変わり映えのない見た目やゲーム性にも飽きがきていた。さらに人気の出てきたギルティギアに浮気していた時期でもある。

◾︎初心者向けの14
KOF13以降5年ぶりの新作ということで充電期間は十分。今作では高難度化を辿った過去の反省から、初心者を意識した新しい試みが随所に導入されている。

まず、必殺技を必殺技でキャンセルするシステムが廃止された。これにより全体的にコンボがシンプルになり、格段に操作難易度が低くなった。また、他ゲーで見られるようなAボタン連打でのラッシュコンボも採用され、操作のおぼつかない初心者でも超必殺技を絡めたコンボを決めることができる。

さらに、全体的にジャンプがふわっとなり、小ジャンプが見えやすいのも大きな変更だ。KOF伝統の小ジャンプからの中段、すかし下段・投げの択など、従来のシリーズでの"見えない攻め"は減り、一方的になぶられる事は少なくなった。しっかりガードを固めて技後の隙を見極め、反撃の機会を伺う待ち戦略も有効だ。

久しぶりでまだ操作に慣れない身としては、これくらいのマイルド調整が遊びやすくてありがたい。

◾︎残念なグラフィックとサウンド
3Dとなったグラフィックだが、残念ながら先発するストVやギルティギアには大きく見劣りする。全体的に艶っぽくテカテカしていてリアリティが低い。

それでも動かしてみるとそんなに違和感はなく、モーションはカッコよく仕上がっていると感じた。ただ、DOA5などで驚愕の乳揺れを見せられた後だと、元祖乳揺れキャラの不知火舞の揺れは寂しい。ここは次作では頑張ってほしいw

バックミュージックはロック調で中々良い。効果音は色々と変わっているが、違和感はない。問題は声優。京やテリーなど主要キャラの声優がことごとく変更されている。ノスタルジーに浸るには違和感がありすぎて、非常に残念。

◾︎キャラクター選び
なんと総勢50キャラ。1/3を超える19キャラが新キャラである。これはかなり凄い。いずれも尖った性能の持ち主ばかりでやりごたえ十分だ。まだチームメンバーを固められていないので色々と試している。

◾︎ロバート
まずオススメなのが画面端まで届く飛び道具を持つキャラだろう。今作は全体的にジャンプ速度が遅いので、いわゆる「鳥カゴ」戦略がかなり有効に思える。また、MAX状態でのEX飛び道具は2段技になるので、これを連射するだけでもかなりの圧でバトルの主導権が握れる。

このカテゴリのキャラではロバートを練習している。同じ龍虎チームのリョウやユリは弾が飛ばないが、ロバートだけは端まで届く優遇ぶりだ。その分隙は大きいが、空中突進技(飛燕龍神脚)やガード崩しのコマ投げ(龍連・幻影脚)もあり全体的に使いやすい。また、浪漫コンボも難易度は高くない。

1. 屈小K→屈小P→大P龍撃破
屈小K×2~3→小K飛燕旋風脚
2. 吹っ飛ばし→MAX or 大P覇王翔吼拳
EX龍撃破→MAX or 大P覇王翔吼拳
3. J大K→近大K→前小K→MAX発動→近大K→前小K→EX飛燕旋風脚→MAX龍虎乱舞(→CC無影旋風龍斬翔)

1は下段始動のノーゲージコンボ。起き攻めなどに。小P龍撃破はコンボにならない。龍撃破は隙が大きく、相手が画面端だとヒット時に距離が離れず反撃を受けるので注意。

2は吹っ飛ばしが当たったり、遠距離からEX龍撃破が当たった時などに、覇王翔吼拳を弾速の早い大PかMAXで出す。ガードされても低リスクなコンボ。

3は近大Kが2段技なので落ち着いて繋げば難しくはない。MAX龍虎乱舞までで555ダメージ。龍虎乱舞後半の幻影脚を上まで蹴り切ったタイミングでクライマックスキャンセルで無影旋風龍斬翔を出すと、5ゲージ吐き出すが最大61hitで741の大ダメージ!

◾︎ラブ・ハート
リーチの長いキャラもオススメ! 全体的に飛びづらいので地上戦でガシガシ殴れるキャラは強いと思う。

このカテゴリでは新キャラのラブ・ハートが気に入った。長身の女性で何処からともなく剣を取り出し攻撃する。

歩きもジャンプも遅いが、通常技は立小K、吹っ飛ばし、屈大Pのリーチが長く牽制に強い。特に屈大Pは開幕距離から一歩踏み込むだけで届き、キャンセル可能で必殺技がコンボになるという鬼性能だ。

必殺技では昇竜拳(ライジングハート)を持つのでリバーサルに強く、飛び道具を抜ける突進アッパー(ラッシュハート)、クラックシュートのような高速突進技(スカイアンカー)、剣をなぎ払うリーチの長い攻撃(ピースハート)とバランスがよい。

1. 屈小K→屈小P→小Kスカイアンカー→後小K
2. J小K→近大P→後小K→MAX発動→近大P→EXスカイアンカー→EXラッシュハート→吹っ飛ばし
3. 屈大P→大Pピースハート→SC大Pエリシオンウェーブ(→CC戦空バスターソード)

1は下段からのノーゲージコンボ。起き攻めに被せると有効。スカイアンカーは受け身不能で近距離でダウンが取れる。ガードされても隙は小さいので使いやすい。後小Kはダウンした相手にも当たる特殊技で、踏みつける様は中々屈辱的。

2は1ゲージでソコソコのダメージが取れるコンボ。クイックMAX発動を絡めてEX技でお手玉する。ラブ・ハートのジャンプはとりわけふわっとしていて、小ジャンプでも相手を飛び越しやすいので、めくりでも当たるJ小Kを前後ろ微妙な位置で被せていくと見切られにくい。締めの吹っ飛ばしをキャンセルして大Kスカイアンカーを出すと、当たりこそしないが起き上がりに密着できる。コンボ中に相手が画面端に到達したら、締めを大Pライジングハートにすると若干ダメージが稼げる。

3は牽制の屈大Pから超必殺技につなげるコンボ。屈大Pの長いリーチを考えると中々凶悪。大Pピースハートが2段技なのでヒット確認できるのも強い。コンボがヒットしていたら2段目をスーパーキャンセルしてエリシオンウェーブを出す。小P版だと距離によって繋がらないので大Pで出そう。さらに間髪入れず戦空バスターソードを出すと4ゲージ消費で700弱の大ダメージをとれる。なお、大Pピースハートの2段目は中段技なので、しゃがみガードする相手には、そのままエリシオンウェーブをぶっぱしても(今なら)対策できていない相手に良く当たる。

◾︎3人目
悩み中・・・

2016/08/15 13:09

ヴァルシュトレイの狂颷 通しプレイ動画


お盆休み、この機会にSteamの積みゲーを少し消化することにした。最近は積まれる速度が早すぎて貯まる一方で、たまに手を出してもすぐに飽きてしまい、結局いつもの「怒首領蜂大復活BL」に戻ってくる、そんな毎日。

ヴァルシュトレイの狂颷 通しプレイ


英語名【The Hurricane of the Varstray -Collateral hazard-】

英語名も長ったらしいが、日本語名も「ヴァルシュトレイの狂颷」と舌を噛みそう。ちなみに「きょうひょう」と読むそうだ。意味も???なのだが、この際気にしないでおこう。

開発は「トラブル☆ウィッチーズ」のスタジオシエスタ。その筋では有名なスタジオらしい。
http://studio-siesta.mails.ne.jp/

同社の「トラブル☆ウィッチーズ」はPCで人気となら、アーケード(NESiCA)やXbox360に逆移植された。ちなみに近日中にSteam移植されるとのことで、未プレイの1cc候補として密かに期待している。(開発が遅れているようで心配だが・・・?)

◾︎概要
「ヴァルシュトレイの狂颷」はオーソドックスな縦スクロールシューティングだ。一見キャラ推しゲーに見えるが最初の自機選択以外では一枚絵さえ出てこない。道中も会話イベントのようなものは存在せず、萌え要素は「虫姫さま」のようにアニメキャラ声が挿入されている程度だ。ゲーム内でうっとおしいストーリーは語られず、黙々と敵を破壊していく比較的硬派な作品に仕上がっている。

ファーストインプレッションは、スターソルジャーを思い出した。雑魚敵の種類が多く、編隊で襲ってくるパターンが多いせいかもしれない。雷電や怒首領蜂のように中型機が主体で攻めてくるシューティングとは印象が明らかに違う。雑魚をなぎ倒していく(という表現が適している)Xbox360の「バレットソウル」のようなスピード感溢れる展開のSTGだ。

◾︎基本システム
基本的に2つのショットボタンとパワーアップボタンを使う。2つのショットボタンは出る弾こそ同じだが、自機が低速になるショットボタンでは微細なコントロールが可能になる。弾幕を抜けるのに便利なため通常ショットと使い分けよう。ケイブSTGに慣れていればすぐに馴染めるはずだ。パワーアップボタンは後述。

また、ショットは通常バルカンの他に3種の特殊ショットが用意されている。最初こそ未装備だがアイテム取得で増えていく。それぞれ対応するボタンを押すとでいつでもショットを切り替えることが出来る。「カラドリウス」のように対応するボタンで特殊ショットを撃つわけではない、あくまで切り替えてショットボタンで撃つ。それぞれの武装はスプレッドボム、レーザー、ホーミングレーザーとなり、正直どれも今ひとつな性能だが一応覚えておこう。なお、各々の武器はパワーアイテムを連続で取ることで強化されていく。

◾︎パワーアップ(ハイパー)
特徴的なのはパワーアップ時(いわゆるハイパー)の自機が半端なく強いこと。発動するにはまずは通常ショットで敵を倒して緑ゲージを溜める。一定量溜まるとポローンと音がするので、このときパワーアップボタンを押すと発動。パワーアップ時は弾消しが発生し、自機からは強力なオールレンジ攻撃を放つことができる。これがとにかく派手で爽快! なお緑ゲージは自機のシールドも兼ねていて、被弾するとゲージが減少してパワーアップも終了する。

パワーアップ中に倒した敵から出現する得点アイテムは、ショットボタンを離すと自動回収される。取得すると緑ゲージの隣にある黄色ゲージが溜まり、パワーアップを被弾せずに完走すると、黄色ゲージを消費してタイムカウントダウンのボーナスタイムが始まる。ボーナスタイムは完全無敵で弾は撃てないが体当たりで敵を倒せるので、敵機を破壊したときに出現する高価な得点アイテムを稼ごう。

なお、ボーナスタイム中に多くの敵を倒して緑ゲージを溜めると、ボーナスタイム終了後すぐに再度パワーアップが可能になる。このループ性がなかなか面白く、連続で大量の敵を撃破していく爽快感は非常に高い。

この強烈なパワーアップがために、弾幕も熾烈で通常プレイだけて避けきるのは至難の技だ。パワーアップなしの縛りプレイだとかなりのマゾゲーになる。いかにパワーアップを上手く使うかが攻略と得点のカギになっており、その前提で難易度バランスが調整されているようだ。

◾︎ステージ
全12面(2周目あり)

◾︎総評 ★★★☆☆
弾幕ゲーではあるがパワーアップの存在から全体的に大味な展開となり、ステージ数は多いがそれぞれの特徴はあまりなく、似たようなステージ構成が続き後半はだれてくる。

一番の難点はボス戦が退屈なこと。どれもこれも同じに見えるキャラデザと機体の各所のコアからのワンパターン攻撃は何とかならなかったのか?

また、パワーアップ→ボーナスタイムの仕様がボス戦向けにマッチしていない。雑魚がいないのでパワーアップ中のアイテムが稼げずボーナスタイムがほぼ得られない、リチャージがまず出来ないといった状態だ。

結局、ボス戦は弾除けしながら通常ショットでペシペシと戦うことになる。道中の派手さと比べると非常に地味で爽快感はなくなる。このギャップはイマイチで最大の長所であるゲームのスピード感を殺してしまっている気がした。この点は非常に残念。

似たようなスターソルジャー風STGの「バレットソウル」の方が、多彩なボーナス要素が含まれていて、ボス戦も一貫して攻めSTGを貫いている。今作はその辺りのコンセプトがはっきりしない残念な作品に感じた。

プレイ動画をあげてみたので機会があればプレイしてみてください。
2016/08/04 07:33

STGプレイ動画編集のためPCを強化!PC STGのススメ

PC版トラブル☆ウィッチーズが今夏Steamに登場!


今の時代2Dシューティングを大いに楽しむにはパソコンとインターネットが不可欠だ。

昨今のゲーセンの寒い設置状況では目的の筐体を探すのも難しく、現地でプレイする機会はおのずと限られてくる。そのため、自宅に環境を築いての練習は欠かせない。

もちろん練習には家庭用ゲーム機も使うが、移植作の出来が悪かったり、対応ゲーム機を保持していなかったり、レア化して入手困難なタイトルもあったりと、開始するまでのハードルは意外と高い。その点PCはアーケードそのままの品質で遊べる作品も多く、今時(?)の2Dシューターには必須アイテムだろう。

注)Xbox 360移植が、高画質化、難易度選択、トレモの実装などで優れているので対応しているタイトルはオススメ!

◾︎充実のPCシューティング環境
グローバルプラットフォームのSteamが使えるのはPCの大きな強みだ。こんなシューティング冬の時代でも、インディーズを中心に世界中から新作や名作の復興作が投入され続けている。また、元値でも良心的な価格設定が多いが、セールも頻繁に行われており、その高い割引率を利用すると、数百円~十分遊べる作品を多数入手することができる。

移植作品を探すことが困難なレガシーアーケードタイトルであれば、それらを網羅するMameの存在が大きい。賛否両論のツールではあるが、大量に並ぶ80~90年代の黄金期のタイトルを眺めているだけでも楽しい。ある意味究極の練習ツールである。

幸いにして2DシューティングゲームはあまりPCスペックを要求しない。数年前の古いパソコンでも十分だ。我が家では2007年に購入したマウスコンピュータの事務用PCを、2016年の今でもカスタマイズして使い続けている。

◾︎マイマシン
CPU Core2Quad Q9550
Memory DDR2 2GBx2
Graphic GTX650 1GB
SSD 64GB
HDD 500GB
電源 450W

元々はオンボードグラボだったこのマシン。2012年頃にDIABLO IIIをプレイするためにGTX650とSSDを導入し電源を強化した。正直、このままでもSTGゲームを動かすには不自由を感じない。むしろオーバースペックな位だ。ただ、今回は別の理由からPCをアップグレードすることにした。理由は他でもない「ゲーム動画の編集」である。

◾︎メモリ不足に泣く動画編集
PS3やXboxからの録画は、USB接続のエンコーダー(Game Capture HDを使用)を使っているので、PCスペックはあまり関係なく快適に撮ることができる。

問題は編集作業だ。

Xbox等で縦画面でプレイしたシューティング動画はPCでは横向きに録画されてしまう。公開するには最低限向きを変えて余白部分をカットするフィルターをかけなければならない。この操作はフリーの動画編集ソフトでかんたんに行えるが、その処理は4GBメモリのマイマシンには辛い仕事で長い時間がかかる。しかも、お茶目にも途中で止まったりもする。

動画の不要なシーンをカットするトリミング作業も辛い作業だ。動画を再生しながらカットするポイントを指定する必要があるが、マイマシンでは画面表示とボタンを押したときの実際のカットポイントが大幅にズレる。遅延を考慮して絶妙なタイミングでのカット指示が必要で、もはや曲芸の域に達している。何度もやり直す必要があり非常に苦痛である。

◾︎New! マイマシン
CPU Core2Quad Q9550
Memory DDR2 4GBx2★
Graphic GTX750Ti 2GB★
SSD 250GB★
HDD 500GB
電源 450W

そんなわけでパワーアップしたマイマシン。SSDのクローンに失敗し、OSを入れ直す羽目になって丸一日セットアップで潰れたが、苦労の甲斐あって別人のように生まれ変わった! メモリ増設によって動画編集は格段に快適になり、3DゲームのDIABLO IIIでもグラフィックオプションをすべてHighにしてもヌルヌル動くようになった。また、Mameのすべてのファイルを容量の増えたSSDに移したところ、起動速度と若干感じていた遅延が改善した。

素晴らしく戦えそうな性能になったマイマシン。話題のVRをやりたい! とか妙な心変わりしなければ後5年はやっていけそうだ。早速、色々なタイトルをプレイしていきたいと思う!