FC2ブログ
2017/01/30 07:13

ゲーセンの迫力を自宅でも再現!大型テレビを導入してみよう!

私の自室では長いこと27インチのPCモニターを愛用してきた。27インチという大きさはPCに切り替えて事務作業するにも、ゲームモニターとしてもソコソコ快適だ。STGにハマってからはモニターアームを取り付け、画面を90度回転しての縦置きプレイも楽しんでいた。それなりに不満のない環境ではあった。

しかし、最近たまにゲーセンに通うようになって、ゲーセンでは一般的な「横置き液晶32インチ(16:9)」や「縦置きブラウン管29インチ(4:3)」のプレイに慣れてくると、人間贅沢なもので、自室のモニターでは画面が小さく迫力がないと感じるようになっていた。

ゲーセンの迫力が損なわれないモニターサイズ

ゲーセンの画面サイズを再確認し、自宅のモニターサイズを検討してみる。

■格闘ゲーム
最近の格闘ゲーム(ウルトラストリートファイター4, ギルティギアXrd, ブレイブルーCFなど)は今では主流の16:9の画面比率に対応しており、ゲーセンでも32インチの液晶モニターが使用されている。

対して古めの格闘ゲーム(ストリートファイター2X, KOFなど)は画面比率が4:3で、29インチのブラウン管モニターであることがほとんどだ。

ゲーセン32インチ(16:9) 横70.84 縦39.85
ゲーセン29インチ(4:3) 横58.93 縦44.2
※単位はcm

計算上は上記の通りの値となるが、ブラウン管はその構造上、画面端の写りが悪いためゲーセンの筐体では端が少し隠されている。そのため実際に見えてる領域は少し狭くなり大体下記の通りだ。

ゲーセン32インチ(16:9) 横70.84 縦39.85
ゲーセン29インチ(4:3)→実質26インチ相当
横52.83 縦39.62
※単位はcm

つまり画面の高さはどちらのモニターでもほぼ同じ40cm程度となり、32インチ(16:9)の液晶モニターを自宅に用意して、ゲーセンと同等の視聴距離(60cm程度?)を取れば、新し目でも古めでも格闘ゲームなら遜色なく遊べるということだ!

■2DSTG
2DSTGはそもそも絶滅危惧種なので新し目の作品は少ない。例外として16:9に対応したカラドリウス、アンダーディフィートHDのようなタイトルもあるが、ほとんどの作品は4:3の画面比率で、ゲーセンでは29インチのブラウン管モニターが使われている。特に縦スクロール作品はモニターを縦置きにした3:4の画面比率で使われているのが特徴的だ。

自宅モニターは16:9の比率が普通なため、モニターを縦置きした場合9:16となり、3:4(=9:12)の画面を表示するとゲーム画面は上下1/4ほどがカットされることになる。そのためゲーセンと同じ画面領域を表示するには、より大きなモニターを用意する必要がある。

また、16:9モニターを横置きにした状態で3:4の縦画面を表示すると、ゲーム画面は左右58%ほどカットされて大きなスペースができる。この置き方の場合はさらに大型なモニターが必要だ。

縦画面ゲームの場合で、実際のゲーム画面の大きさを比較してみる。

ゲーセン29インチ(3:4) →実質26インチ相当
横39.62 縦52.83
自宅32インチ(縦置き9:16)→上下1/4カット
横39.85 縦53.13
自宅43インチ(横置き16:9)→左右58%カット
横39.98 縦53.55
※単位はcm

ゲーセン環境を築く選択肢

■1つ目
32インチ16:9液晶を縦横切り替えて使う
無難な選択肢、32インチともなると結構重いのでモニターアームの重量制限も気にしたい。



■2つ目
43インチ16:9液晶を横置きで使う
豪快な選択肢、横画面ゲームでは大きすぎるので、視聴距離をゲームによって変える必要があるだろう。



■3つ目
32インチの液晶と29インチのブラウン管を買う!
まんまw、ただし、今更ブラウン管買うのも探すのも抵抗あるのと、これまでの調査を全否定してしまうので、これはなしで。

モニターの応答速度と4K対応

現状が整理できたので、購入するモニターを検討する。「大は小を兼ねる」は正にその通りで、ゲームでも映画でも画面は大きければ大きいほど迫力は増す。もちろん、環境を整える費用も増してくるわけで、無理はできない。

■応答速度
ゲームモニターで画面の大きさの次に重要となってくるのはモニターの応答速度だと思う。これが遅いとどうしても遅延が発生する。最近の液晶は大分速くなっているが、最低でも応答速度5ミリ秒以下のものを選びたい(1フレームは約16.7ミリ秒)。

■4K対応
我が家のPCは2012製の年代物だが、昨年グラフィックカードをGTX750Tiにアップグレードしたので性能面では4K出力が可能だ。また、PS4 PROも使っているので次に買うモニターは4Kがいいなと思っていた。この辺は完全に価格と折り合いがつけばという感じになる。



購入したのは東芝レグザ43G20X

幸いにして大型モニターを置けそうなので横置きテレビを購入することにした。倍速駆動モデルと悩んだが、結局はゲーム用と割り切り、より遅延の少ないモデルを選んだ

なお、倍速駆動の遅延については、西川善司の大画面☆マニアが参考になると思う。

さて、2015年発売の43G20Xだが、PS4 PROの性能を生かせる4K+HDRに対応しており、43, 49, 55インチをラインナップしている。ゲームモードで応答性能0.83msという驚異的な数値と、視野角の広いIPS液晶(ゲーセンのように画面を奥に傾けても見やすい)が魅力的だ。(当たり前だが)テレビも見られるし、外付けでUSB HDDを繋げば録画もできる。本当は49インチにしたかったが43インチで10万円という価格に惹かれて購入に踏み切った。

製品自体は2016年で生産終了となっているため現在は在庫限りの処分セール中!


43G20Xの感想と設定

流石に4K+HDRは綺麗だ。4Kに対応しているアンチャーテッドやニーアオートマタをプレイしてみたが、より繊細で息を呑むような映像になった。こういった映画のような大作ゲームでは大きな画面にして良かったと本当に思う。

ニーアオートマタの冒頭シーン、右は27インチの縦置き


なお、格闘ゲームでは全体が見づらいので少し離れてアケコンを膝置きプレイ、縦STGではアケコン机置きで近距離視聴と使い分けている。

縦スクロールSTGを表示。ゲーム側でもう少し大きくできる


また、応答速度に優れているのでPCモニターとしても十分使える。

なお、レグザは映像設定がかなり細かく設定できるので色々いじっている。ゲーマーのためのオススメな設定を挙げてみよう。

■省電力+明るさ検知
元々このクラスのテレビは、リビング等で十分な視聴距離を取った利用を想定しているので、標準設定だとバックライトがかなり明るい。ゲーム用で縦画面STGでは60cm、横画面でも1.2m程度の視聴距離しか取っていないので、標準設定だと長時間は目がチカチカして疲れる。

この省電力設定をするとバックライトの輝度を3段階で調整できるのでオススメ。また明るさ検知をONにしておくと昼と夜で輝度を自動調整してくれるのが便利だ。

■レゾリューションプラス
解像度の低い地上波やDVD、PS2などのSD(480p)映像をフルHD(1080p)に引き伸ばすと、部分的にブロック調のノイズが発生して見辛くなる。これを鮮明な映像に変換するフィルター機能がレゾリューションプラスだ。レグザでは効き具合を5段階で設定できる。

これが活躍するのはVITA TVのように標準で720P以下の映像出力しかできないゲーム機。さらに解像度の低いPS1やPS2、PSPアーカイブなども補完してくれる。

試しにPS VITA TVにて、"ダライアスバーストCS"やPS1アーカイブの"雷電"、PSPアーカイブの"初音ミク -Project DIVA- 2nd"をプレイしてみた。PS4の鮮明な映像になれると物足りないが、それでもかなり鮮明な画像になり快適だ。是非ONにしよう。

VITAのダライアスCS、解像度は多少荒いが十分な迫力


■高速信号モード
PS4 PROで4K表示をする場合はそれぞれの機器で設定が必要だ。標準モードだと2Kで認識してしまうので必ず設定しよう。細かい設定については以下のサイトが参考になる。

「PlayStation®4 Pro」で4K/HDR対応のREGZAに接続した時の解像度設定のやり方解説

今回は総合的に満足のいく買い物となった。大型テレビも大分安くなったもので、設置場所が用意できるのであれば断然オススメできると思う。
2017/01/27 17:43

ニーアオートマタ体験版→即予約の魅力



『NieR: Automata』の体験版が"イイ"と聞いたのでやってみることにした。

開発のプラチナゲームズとは?
ダウンロード待ちの間少し調べてみると、大阪にある開発のプラチナゲームズはベヨネッタシリーズやスターフォックスゼロ、メタルギアライジングなど、セガや任天堂、コナミ、Microsoft、そして今回はスクエニと、大手に支持されている実力のある開発会社のようだ。

■プラチナゲームズの実績


前作の評判は?
NieR(ニーア)には前作として『ニーアレプリカント(PS3)』と『ニーアゲシュタルト(Xbox360)』が存在し、どちらも独特の世界観やストーリーが評価されていて評判は上々のようだ。

■トップレビュー

切なくて、儚くて、柔らかい、そんな印象を受けるRPGです。

RPGですが、結構アクションに近いです。
敵との戦闘もシームレスで、FF12とデビルメイクライを足したような感じです。
そこまでアクション性はありませんが、ボス戦だけはなぜか弾幕シューティング系になります。

(中略)

やはりストーリーは非常に良いですね。
開始3時間ほどで本編とは直接関係のないストーリーで感動でした。
そして、皆さんが音楽が非常に良いと言うのも納得です。
ゲームとしては珍しく英語の歌付きBGMが多く流れるのですが、ファンタジックで心に染み入るようです。

PS3版とXBOX360版の違いですが、
PS3版は、音声が日本語・主人公が青年 ヨナとの関係は兄弟
XBOX360版は、音声が英語(日本語字幕)・主人公はオッサン・ヨナとの関係は親子

(後略)



ただしこの2作品の開発は今はマーベラスに吸収された開発会社だということなので、今作にどの程度前作のスタッフが関わっているかは不明だ。

■NieR: Automataの前作


体験版ことはじめ
体験版を開始すると切ない音楽と共に美しい画面が立ち上がってくる。雰囲気としてはFF6を思い出した。FF6の話しの内容はさっぱり覚えていないが子供ながらに"切なかった"ことは覚えている。これは期待できそうだ。

画面はPS4の性能をフルに活かしたと思えるほど美しい。何よりムービーとプレイの区別がつかない程にシームレスなのに驚く。何やら敵の攻撃で強化アーマーが破壊されたので生身で任務続行します! みたいな流れ。

主人公の2B(およそ人の名前ではない)は、ゴシック風な衣装に片手剣という出で立ち。見えそうで見えない、この辺も分かっている! 完全に目隠しされており顔は見えない。ある意味異様(異形)。魔法陣で使役?されたもう一本の剣は宙に浮いており「ラムレザル!お前か!?」と思ったのは私だけではないはず。また、傍らにはポッドと呼ばれる支援メカがついてくる。



ゲーム自体は無双とまではいかないが、かなりアクション寄りな内容だ。◻︎で手持ちの剣での小攻撃、△が背後に浮いている大剣に持ち替えての大攻撃、いずれも連打していれば無双のように素敵なコンボ攻撃をしてくれる。また、L1でロックしてR1でポッドからの射撃攻撃が可能。剣との同時攻撃でバッタバッタと敵を倒していくのが爽快愉快!

その他、×でジャンプ、R2で回避行動をとる。敵の攻撃をギリギリでR2回避すると残像を残した"超カッコいい回避"となり、このときに攻撃ボタンを押すと敵を打ち上げ空中で切り刻む"完全にライトニングさん(by FF13)攻撃"に発展する。ちなみにジャンプ中に×ボタンで2段ジャンプもできるが、このとき無駄に宙返りをする様も『ライトニングリターン』のライトニングさんを彷彿させる。

超巨大ボスとホープくん
しばらく進むと巨大歯車と戦わされる。何というかデカければイイ!みたいな感覚でこのゲームのボスはとにかくデカイ。体験版では何度もボスクラスとの戦闘が発生するが、どいつもこいつもまぁデカイw

最初の歯車を倒すと同じく目隠しの優男が出てくる。どうみても仲間らしい。何というか声が完全にFF13のホープくん。以後の行動や言動もそれに近い。(というか、もうそうとしか思えなくなってしまった)



完全にやられるラストシーン!?
諸々(敵をしばきまくる)あって体験版も感動のラストシーンとなる。だいたい丸1時間くらいかな。「おーー!?」というラストで体験版終了。「そ、そんなーー!」という非常に続きが気になる引きである。この短い時間でそこまで思わせてくれた体験版は初めてだ。ちなみに予約ボタンを押すと「お目が高い!」と褒めてもらえるwww

早速予約しました。FF15を見送った私ですが、この作品は多分かなりきっと絶対面白いはず!

2017/01/25 07:24

怒首領蜂大復活BLのハイスコアを更新!クリアはまだまだかなぁ~



年末年始は格ゲーに心奪われていたが、ようやく大復活BLの攻略を再開した。最近はもっぱら"Bボムオートボムなし"でプレイしている。

長い付き合いの大復活BL
2015年12月から1年を超える戦いになっている怒首領蜂大復活ブラックレーベル。これほど飽きずにプレイを続けられるSTGも珍しい。

ここまでプレイしていると、敵配置やヒバチを除くボスの攻撃パターンはほぼ頭に入っているが、場面によってはパターンが安定せずどうしてもミスを重ねてしまう。それには大復活BL特有のランク変動とハイパーの使いどころの難しさがあると思っている。

大復活BLのランク変動
ショットとレーザーを同時に放つ強力な攻撃"烈怒ショット"が可能なのは大復活BLの大きな特徴だ。

「烈怒ショット中は烈怒ゲージが溜まり、赤ゲージ状態になると敵の攻撃が熾烈になる」という特性が非常に厄介で、ある程度パターン化が出来ている場面でも、烈怒ゲージの状態によって攻撃パターンが変化し、避け方にアドリブ性が求められることを意味している。

大復活BLのハイパーゲージ
烈怒ゲージには「赤ゲージ中はハイパーゲージが溜まりやすい」という特性があり、言いかえると「赤ゲージにしないとハイパーが溜まりにくい」とも言える。赤ゲージ走行というリスクを取らないと、肝心な場面でハイパーが足りずジリ貧になり、このゲージ管理が非常に難しい。

何というか初心者から一歩殻を破れないとクリアできない難易度で、いやらしいほど絶妙なバランスの作品だと思う。

デイトナで今年初プレイ
1面から裏入りに成功したものの、2面ボスでミス、3面はグタグタで3ミス、4面はミスなくコンボをつなげられたがレイニャンでトチり、5面開始直後で終了。それでも家でのハイスコアは800億だったのだが初の大台で1,069億!



今の実力のプレイ動画
家での復習プレイ動画。似たような展開で4ボスで終了したものの900億達成!



2017年こそ念願の1ccを達成したい!!

2017/01/18 10:55

新春のゲーム機争奪戦!



・任天堂Switchが1/21に予約開始!
・PS VRも1/26に販売再開!
・Xbox One Sの500GBが1/26に発売!

お金がいくらあっても足りないぜぃ。
SwitchとPS VRは壮絶な予約合戦となりそうだ。

Nintendo Switch
Switchはサードパーティも結構参加するみたいだし、VITAを持ち歩いている身からすれば持ち出しプレイできて29,800円は安い。携帯モードでも1280×720ドット(HD)の表現が可能なようなので、3DSはもちろんVitaの960×544ドット(qHD)と比較しても上となる。現時点で最高グラフィックの携帯機となるのでは? と超期待!

性能について詳しくは、西川善司の3DGE:「Nintendo Switch」のプレゼンテーションと体験会で分かったこと,まとめが参考になる。

個人的な話だが、何とかAmazonでの予約に成功した! おそらく1, 2分で売り切れたと思う。ただし、VRで味を占めた転売屋がほとんどだろう。事実1/23時点で既にヤフオクには700を超える任天堂スイッチが出品されている。

また、ヨドバシカメラが上限数なしで予約を受け付けると発表したものの同日予約受付終了

なお、直販のマイニンテンドーストアは1/23終日かなり混雑しており、サイトにまともに繋がらない。落ち着くまで時間がかかりそうだ。

23日22時ごろようやく落ち着いたが、カスタム本体、限定キャリングポーチ、限定ゼルダの伝説は軒並み品切れに!

これから予約するのであれば、ネットでの狙いどころはマイニンテンドーストアの再販狙いだろうか?

Amazonもオススメ。現状ニンテンドースイッチの転売はそこまで高額にはなっていないため(35,000円程度)、発売日近くなると転売屋が予約を取り消しAmazon在庫が復活する可能性もある。このときを見逃さないようにこまめにチェックしよう。



PS VRの再販は平日昼間!
Sonyは平日の昼間に再開とかまったく社会人に配慮なし。流石に並びには行けないのでVRは今回も手に入らなかったら諦めるかなー

平日の朝から業者以外が並べると思ってるのか?ソニーさん。



26日ソニーストア、Amazon、楽天で再販されるものの、わずか100台程度だったようで文字通り秒殺! ビックカメラは抽選販売だったが、結果は店頭発表かつ16時までに支払いしないとキャンセルになるとのこと。仕事休んで"外れ"を見にいくのは嫌だなぁと思い申し込みしなかった。



安定のXbox One
最後にXbox One S 500GBにはマインクラフトが同梱する模様。競争率は低く余裕で手に入りそう(><)

2017/01/05 09:17

ギルティコミュ深夜組-活動開始と参加メンバー募集!-



この年末年始、ゲーム三昧という訳にもいかず、もっぱら夜中~深夜プレイヤーな自分。たまにはマルチで遊びたいなと、PSNのセールで安くなっていたタイトルをいくつか購入するものの、「スターウォーズバトルフロント」→1時間で飽きる、「幻想の輪舞」→1ゲームで飽きる、と相変わらずの飽きっぽさを発揮。

落ち着いたのは「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」
これまで幽霊部員だったギルティギアコミュニティで呼びかけたら、夜中に活動するプレイヤーも結構いて、何だかんだで2日間で15人ほどが参加してくれた。VCでだべりながらの対戦三昧、かなり楽しい体験だった。

GGコミュ深夜組の動画


VCであの技は強い(汚い)!とか返せねーんだけど!とか意見交換?は新鮮だ。というか昔を思い出した。高校時代、溜まり場と化していた友達の家での徹夜スト2、大学の友達がうちに持ち込んできたネオジオでのKOF三昧。思えば猿のようにやりまくっていた・・・(遠い目)

参加メンバー募集中~
面白かったので今後も不定期で23時~2時の時間帯で活動していこうと思う。参加メンバーはメイン6~20段くらいの中堅実力者が多い感じで1卓のみで回します。メイン10段の私で平均勝率は3割程度なので全くの初心者はキツイと思うけど、強い人には初キャラを強要するなどして調整しますw

VCは聞き専でも全然問題なし!

興味があればPSID→smzdaiまでメッセージなりフレンド申請ください。メッセージグループに招待します!

2017/01/01 00:00

1ccを目指すタイトル ※随時更新



ワンコインクリアを目指すゲームを何にするか?
とても重要な選択ですね。

STGの作品別難易度を格付けするWikiではアーケードSTGが50段階でランク付けされています。納得できないランクもありますが、目安にはなりますので、こちらを参考に実力に見合ったゲームを攻略しています。

もちろんゲーセンでクリアすることが最終的な目標です!

格付けWikiのランクの見方
41-50 最高難易度
31-40 史上屈指の難易度
21-30 中~上級者レベル
11-20 中難易度
1-10 低難易度

1ccを目指して練習中
16 虫姫さまふたり(オリジナル)
15 怒首領蜂大復活ブラックレーベル(ボムスタ)

1cc達成済み!
14 怒首領蜂大復活 ver1.5(Cボム1周)
12 怒首領蜂大復活 ver1.5(Cスト1周)
10* 雷電V(EASY 真ボスなし) ※CSのみ
10 ダライアスバーストACEX(CGLルート)
6 ダライアスバーストACEX(ORVルート)
5 ダライアスバーストACEX(ADHルート)
2* カラドリウスAC(アーケード)
0 カラドリウスAC(オリジナル)

*付きの難易度は1ccSTGの独自評価です。

チャレンジしたいタイトル
26 バトルガレッガ(ALL)
24 パロディウスだ!(1周)
22 怒首領蜂大往生 白(1周)
21 ケツイ(1周)
21 怒首領蜂最大往生(ALL)
15 虫姫さま(オリジナル)
13 虫姫さまふたりブラックレーベル(オリジナル)
13 雷電DX(連付き、初級)
12 雷電IV(LIGHT)
? スターフォース(連付き1周)