FC2ブログ
2017/03/31 09:01

STGとしてのニーアオートマタ(ネタバレあり)



ニーアオートマタをクリアした。マルチエンディングのゲームだけに、どこまでやればクリアなのかという疑問もあるが、ストーリーの流れからEエンディングを観ればクリアでいいと思う。色々と寄り道をしながら48時間を要した。達成感を得るには短かすぎず長すぎずの程よい時間だった。

全体の感想

ストーリーも面白いが、様々な手法を凝らした演出が秀逸な作品だと思った。こういった新たな体験を次々に提供してくれる作品には中々出会えないだけに素直に"ありがとう"と思えた。また、60fpsでヌルヌル動くアクションやSTGシーンも、時に2D視点や俯瞰視点となる演出もあり飽きさせない。全編を通してスピード感に溢れ、爽快でキャラクターを動かしているだけでも楽しいと感じた。

レベルの概念

難点も少しあり、自分にも敵にもレベルの概念があるため、ハイレベルの相手にはゴミのようなダメージしか与えられず、格下相手は楽に蹴散らせてしまうという点が気になった。散々寄り道した私は推奨レベルが高すぎたのか、難易度ハードにも関わらず中盤以降の敵がボスも含めて弱すぎて退屈に感じた。

同じプラチナゲームスのベヨネッタのようなハードなアクションではなく、"レベル性RPGの宿命"が適用されるのがニーアの世界だ。レベルをあげるほど無双ゲーに近づいていく。体験版のハラハラドキドキなバランスが最高で、最後までこの緊張感が続いて欲しかっただけに非常に残念な点だった。

STGとしてのニーアオートマタ

本日の本題。ニーアオートマタはSTGで始まりSTGで終わる。本編にも所々でSTGシーンが入りアスタブリードのような2.5DなSTGが楽しめる。また、主人公の1人である9Sの攻撃「ハッキング」ではSTGのミニゲームが楽しめる。しかし、いずれも本編で出てくるのはシューターにとってはお遊びレベルの難易度しかない。

そんな貴方へのオススメはセーブポイントでプレイできるハッキングゲームの通しチャレンジ。通しで3ミスまでなのが中々きつい。決して無理な難易度ではないのでSTG魂を持って挑めばクリアできるだろう。私も幾度か(実は数十回)トライして全クリを果たした。シューターの威厳は守った! と自己満足。



そして心を折るのが最後の火蜂並みの弾幕を繰り出すスクエニやプロデューサー達。それまでは何だったんだ?と思うほど激しく、完全に殺しにくる上にまさかの戻り復活! STG大好きな開発者がいることは間違いない! 流石に単独では半分が精々で、最後は仲間の記憶頼りでクリアした。これを単独クリアできてこそ真のシューターになれるだろう。私には無理だった。



ここまで開発陣もSTGが好きなら、スピンオフしてSTGを出してくれることを期待したくなる作品だった。STG好きにもオススメしたいと思う。最後、独自でクリアできたら是非教えてください!

2017/03/17 11:55

娘とマリオを楽しむ。色々と驚く!



ある日曜の昼下がり、ダイニングに設置したレトロゲーム機で"スーパーマリオ"をプレイしていると、3歳の娘が寄って来て「やりたい」と言う。

リビングのTVに設置したPS4は最早彼女専用のYouTubeマシンと化していて、さっぱりゲームが出来ないので仕方なくこれを設置したのだが・・・

ためしにコントローラーを渡してみる。普段から動画再生でDualshock4をいじっているだけに違和感ないようだ。とはいえ彼女にできることは動画選択、再生、停止、そして広告スキップくらいなはず!

歩き方を教える。テコテコとマリオを動かして最初のクリボーに突撃していった。まだジャンプは教えていない。当然やられるマリオ。「えへ、落ちちゃった」と満面の笑顔の彼女。何だか楽しそう。やば、可愛い。

ジャンプを教える。まだ方向キーとの同時操作は無理のようで垂直ジャンプを繰り返している。それでも2, 3回やると最初のクリボーは上手く避けられるようになった。ボタンを押す長さで高さが変わることも理解したようだ。

最初の土管に到達する。垂直ジャンプしか出来ないので越えられない。ゲーム歴◯十年の自分からすると「そこで詰まるか!」という場面だが、微笑ましいので歩きながらジャンプすることを教えてあげた。これはすぐに理解した。

その後、土管の合間にいるクリボーに何度もやられていたが、ある時たまたま踏みつけができて、潰れるクリボー。「おひょっ」と謎の奇声をあげる彼女。触るとやられると思っていたのに倒せたことに驚いているようだ。横から触れれば死ぬのに、上から踏めば倒せるのはマリオなら当たり前だが、その当たり前を発見した彼女には新鮮だったのだろう。

残念ながら楽しくなってきたところで、嫁さんに気づかれて、「ダメよゲームなんかやらせちゃ!」の一言でゲームオーバー。クッパより前に攻略すべきラスボスが我が家にはいる。

何とか成敗(お願い)して娘とゲームを遊べる環境を築きたいものだ。
2017/03/13 18:00

アスタブリード初見プレイ/スピード感と爽快感、シームレスなストーリーがイイ!1cc動画も公開!



2017年3月のPS+フリープレイに「アスタブリード」が配信されている。他のブログ記事などではそこそこ評判の良いインディーズSTGだったので、せっかくなのでプレイしてみた。

ゲームを起動するとオープニングムービーが始まり、プロローグが語られながらチュートリアル的な操作説明と実戦プレイが行われるという演出。一通り進むとタイトル画面が表示され、本編がスタートする。

ゲームモードはPC版準拠の「オリジナル」とPS4で操作系が見直された「アレンジ」の2種類。難易度はeasy, normal, hardの3種類から選択できる。

アレンジの方が右スティックでロックショットをブンブン振り回せるので爽快に思えた。ただしR3ボタン押しが延々求められるので、右親指が悲鳴をあげるほど痛くなるので要注意!



ゲーム内容は横スク、縦スク、3Dスクロールが場面によって変わっていく。切り替えもスムーズでグラフィックも綺麗、スピード感もかなりあるので爽快。ストーリー演出もゲーム内で行われるので、スピード感を殺すことなくシームレスに楽しめる。先日のニーアオートマタのSTGシーンをかなり派手にした感じと言えば伝わるだろうか。ニーアのSTGシーンに抵抗がなかった方ならアスタブリードも楽しめると思う。

今回初の試みとして、初見プレイ(オリジナル easyを1cc成功)を実況してみたので公開してみる。残念ながらマイク音量が小さすぎてほとんど肉声が聞き取れないかもしれないが、ゲームの雰囲気は感じられるかと思う。



2017/03/10 19:17

◯◯の日を作ろう!やり込み不足と積みゲーの山を前に



やりたいゲームは多いがプレイする時間がない!やり込みが足りない!何か良い解決はないか考えてみた。

・PS+のフリープレイ
・頻繁にSALEされる良質インディゲーム
・基本無料ゲーや体験版、ベータ版
・続々発売される大作
・エミュ環境で遊べるレトロゲーム

こんな感じで最近のゲームは明らかに供給過多。見てると欲しくなってしまい積みゲーも増加中だ。もちろん1ユーザーとしては少ないよりは多い方が断然うれしいのだが、プレイするより積まれるスピードの方が早いので一向に積みゲーが減る様子はない。

STGではライデンファイターズ、トラブルウィッチーズ、マイルストーン作全般、SteamのSTG、格ゲーでは恋姫演武、電撃文庫、KOFIV、ブレイブルーCFあたりがすでに積みゲーとなっている。大作ではゼルダの伝説BoW、アンチャーテッド、バイオハザード7、FF15などが手付かず。開封していないものも結構あるという。

毎日のゲームプレイではあらかじめ時間配分を考え、「あれを30分やって次はこっち」、「このマッチング待ちの間に◯◯をプレイ」のように中々忙しい。もはや仕事のようだw

もちろん、楽しいことは楽しいが、どうしてもやり込みが足りてないので、STGでは1ccできず、格ゲーも満足な勝ち星が得られないという悪循環にはまっている気がする。やはりもう少し集中的に絞ってやらないとゴールは遠い。そこで「◯◯の日」を定めて、せめてその日だけはひとつのジャンル(ゲーム)をやり込もうと決めてみた。

◯◯の日
月 STG
火 STG
水 RPG
木 フリー(新作、積みゲーの消化も)
金 格ゲー
土 格ゲー
日 RPG&レトロゲー


まず、月と火は連続で「STGの日」にする。より集中的にパターン化に取り組む時間としたい。当分は長らくプレイしているカラドリウス&怒首領蜂大復活(黒)がメインになるが、息抜きにホコリをかぶっている他のSTGもやってみようと思う。

水と日はRPGの日。RPGはあまり時間を空けすぎるとストーリーを忘れてしまうだけでなく、そのまま積みゲーになる危ないジャンル。適度に間隔を空けつつもプレイ機会を維持する週2回とした。

木曜はフリーな日。何か気になるジャンルに打ち込んでもいいし、やる事がなければ新作が発売される曜日なので、できるだけ多くのタイトルをプレイして文字通り積みゲーを「消費する」、肌に合わなそうなのはこの日に永久積みゲーに分類して忘れてしまおう。

金と土は格ゲーの日。これは週末の方が対戦相手が多いのが一番の理由。1人じゃできないゲームだから重要なファクター。ストVはLP4000、ギルティギアXrdは20段を当面の目標としたい。貴重な時間で戦える1戦1戦を大事にしたいね。

最後に、日曜日は家族サービスやら家事やらで忙しくゲーム部屋にほとんどいられないので、SwitchやVitaのリモートでライトに遊べるRPG&レトロゲームの日にした。休みだしこの日ばかりはゲームもゆったりプレイしたい

いざ決行あるのみ!
2017/03/06 16:45

セイミツレバー買っちゃいました。リアルアーケードプロVに取り付け成功!



デイトナでの感触が中々よかったので、セイミツ工業の直販サイトでシューター御用達のレバー「LS-32-01」を購入してみた。

届いたセイミツレバーは三和レバーと比べると一回り大きく部品点数も多そうだ。この手間暇かかっていそうなレバーが三和より1,000円安いのに驚く(送料と梱包料で1000円かかったが)。



"セイミツレバーをRAPV2に取り付けるには加工が必要"みたいな記事を見かけて不安だったけど、手持ちの「リアルアーケードプロV4 隼」と「リアルアーケードプロV改」では、どちらも加工の必要なく取り付けできた。正直ホッとしている。

RAPの場合、隼レバーや三和レバーは4点ネジ止めとなるが、その穴はセイミツレバーのネジ穴より一回り小さくて止められない。しかしRAP本体にセイミツレバーをはめ込んでみると上下2点止めに最適な穴がちゃんと用意されていた。これには感動。自社レバーを開発・販売しながらもセイミツレバーも取り付け可能にしてくれているHORIさんは流石だ。



今回は格ゲーをやるプレステ用RAPは三和レバーのままとし、STG専用機となっているXbox360用RAPをセイミツ化した。



早速の使用感は当たり前だけどゲーセンそのまま。三和レバーより全体的に固くて重いけど、遊びが少ない分細かい動きが正確に入力できるようになった。かなり気に入ったので今後しばらく使っていこうと思う。

2017/03/01 15:21

デイトナの黒復活がメンテされていた!セイミツレバーを試す



デイトナで黒復活をプレイ。何かレバーの感触と位置が変だ。よく見ると以前は1P側に三和のレバーとボタンだったと記憶しているが、コンパネ中央にセイミツレバーとボタンという構成に変わっていた。

セイミツレバーを試す
お、重い。と思いながらプレイしてみる。なるほど、この重いレバーは確かにSTGに向いている。細かい操作になるほど正確な避けができる気がする。また、気のせいか音割れしていた筐体のサウンドもクリアになった気がする。こちらもメンテしてくれたのかな?

プレイの方は、黒復活では初めて3機残して5面に突入できた。これもレバーのおかげかもしれない。表中ボスを何とか倒し、最初のビットを超えるまでは何とかいけたがそこでEND。2~4面でボム増やしていなかったのでハイパーが全然足りなかった。ちゃんと考えないといけないなー。

得点は700億と振るわなかったけど、進めた距離としては最長記録。やはり苦手な3面道中と、4ボスの第2形態、5面の道中が課題。どこがダメって分かるようになっただけでも多少はマシになったかも。



もう少しかな?