FC2ブログ
2018/10/31 09:23

PS2の分解清掃→ディスクが読み込めないとき

やらないゲームが溜まってくると、ヤフオクに出品してコレクションを整理するのですが、覗いているとついつい買ってしまうヤフオクマジックにハマっている今日この頃です。

思わず買ってしまったのがPS2のジャンク品。1円で出品されていたので入札したら、そのまま落札してしまいました。



送料が800円かかりましたw

届いた本体はDVDゲーム(銀ディスク)は問題なく動くのですが、PS1(黒ディスク)やPS2のCD(青ディスク)をうまく認識しませんでした。

「このディスクはPS/PS2用ではありません」とエラーを吐きます。イヤイヤイヤよく見てよw

PS2のこういう症状はよくあるそうです。レンズクリーニングするのが良さそうなので早速トライしました。

準備するもの

・綿棒
・ティッシュ
・セスキの激落ちくんスプレータイプ
・エアスプレー

洗浄液は泡立たないやつなら何でもいいと思いますが、何にでも使える激落ちくんスプレー使えますよ

分解

うちのは型番SCPH-50000の本体なので分解します。トップローディングの小型の本体であればディスクの蓋を開ければすぐに掃除できるみたいです。

本体を裏返します


プラスチックやゴム足の裏にネジ穴が隠れています


すべてのネジを外して本体を表に返します。初めての場合は封印シールが貼ってある箇所があるのでそれも剥がします。

剥がしても剥がさなくてもPS2はもうメーカー保証ないので躊躇なくベリッといってくださいw


フタを開けた状態。写真左上にあるのがディスクで、ヒートシンクの下にはCPUやグラフィックボードがあるようです


ディスクのカバーにもネジがあるので外します。小さいネジが2つありました。

ようやくレンズとご対面。SONYマークのついた部分の黄色い枠の中に目的のピックアップレンズがあります。汚いですねぇ


外したネジ。大きさがまちまちなので覚えておきます(型番によってねじの数が違うようです)


清掃

古い本体ほど全体的にホコリが溜まっているので、まずはエアスプレーでデカボコリを飛ばします。

何となく綺麗になったら、セスキの激落ちくんを綿棒にスプレーして、ピックアップレンズを20回ほどこすります。力を入れすぎると割れそうなので優しく。

その後は乾いた綿棒で水分を拭き取ります。こちらはあまりグリグリしないで大丈夫です。

多少残った水分は自然乾燥でいいと思います。待つついでに激落ちくんを付けたティッシュや綿棒で全体を磨き上げます。

ヤニ汚れも落ちて綺麗な体になりました!


激落ちくんの働きぶり、こんなに取れました!


動作確認

ディスクのカバーだけ閉めて動作確認します


読み取らなかったCDゲームが復活!


あとはフタを閉めて終わりです。

大体30分もあれば終わる作業ですね。綺麗にしてあげると本体に愛着も湧きます。これからガンガン活躍してもらいますよ!!

2018/10/30 17:30

洗車スポンジでアケコンの静音化

先日パンテラの静音性の高さをこのブログでも紹介しましたが、今日はリアルアーケードプロ(以下RAP)の静音化にトライしてみました。

パンテラの欠点として個人的に大きな点は、「セイミツレバーが使えない」ということです。セイミツレバーは三和(およびHAYABUSA)とはネジ穴の位置が異なるのでそのままでは取付ができません。

ネジ穴の規格くらい合わせてよ!と思いますがセイミツとしても何十年もこの形で作ってきたわけだし、今さら新商品開発は難しいのかもしれません。元々業務用ですしね・・・

RAPシリーズが素晴らしいのはセイミツレバーを2点止めできるネジ穴が用意されているところです。VでもNでも刃でも付いています。セイミツレバーモデルを販売していた名残かもしれませんが、自社レバー製品後のモデルでもネジ穴だけは残してくれているのは良心的です。流石のホリさん。

騒音問題

セイミツレバーは固く、レスポンスがはっきりしていて使いやすいレバーですが、カチャカチャ音がトップクラスにうるさいのが難点です。RAPに装着するとアケコン内部に反響してさらに音が響く感じになります。家人の苦情を考慮すると深夜にガンガン使うのは遠慮しちゃうレベルです。

静音化に使ったもの

・洗車スポンジ×2 タダ(家にあった)
・エアコンパテ 85円
・激おちくんスポンジ少々100均にある偽物

大変リーズナブルですw

レバーの静音化

パンテラの作りに習って、内部の反響音を抑えられれば全体的に静音化できると考え、最初プチプチシート(梱包に使うアレ)を試したのですがうまくいきませんでした。

そこで見つけたのが洗車スポンジ!


適度に切ってレバー周辺は包むように丁寧に詰め込みます


裏ブタ側からもレバーを覆うようにスポンジを貼り付けます。レバー下の空間をスポンジで包み込むイメージです


これだけでも中々の効果がありました

ボタンの静音化

フォロワーさんから「エアコン用のパテが効果あり」との情報をゲットしたので、ついでにボタンも静音化しました。

固まらない油粘土みたいなパテ。Amazonで送料込み85円


とりあえずボタンの駆動部分のみを覆ってみます


さらに台所にメラミンスポンジ(激落ちくん)があったので、拝借してスペースに詰め込みました


蓋を閉めて完成!見た目も重さもほとんど変わりません


効果のほど

どんな風に変わったか比較動画を撮ってみました。手前の青いセイミツレバーのアケコンが静音化していないもので、奥が今回静音化したものです


結構静かになったと思います。スポンジはあり物でいけると思いますよ~

2018/10/23 11:13

Xbox One機器をPS4で使うコンバーター

今日はXbox OneのコントローラーをPS4で使う。という中々マニアックなコンバーターを紹介します。



Xbox Oneの純正コントローラーは評判が良く、PCゲーマーとかでは愛用している人が多いそうです。PS4のコントローラーとは左のキノコの位置が違うので、私はどちらかと言うとDS4の方が使いやすいんですが、今日紹介するコンバーターでバッチリPS4で使えますよ!

ピンクがXbox One専用、黄緑がXbox One/360兼用です


*Xbox One専用の方だとPS4コンでの特殊な操作をXboxボタンと方向キーの同時押しで実現できます


Brook社製のコンバーターシリーズは、PS4の忌々しい「8分認証問題(ライセンス商品でないと8分でコントローラーの接続が切れる)」をコンバーター側で何とかしてくれますので、コンバーターにXbox OneのコントローラーをつないでPS4に差し込むだけで使えます。とっても楽ちんでオススメです。別のポートに純正コントローラーをつないで・・・みたいな準備は不要です。

また、Bluetooth 対応のXbox Oneコントローラー(Xbox One S以降に付属しているもの)なら、一度有線で繋いだあとにケーブルを抜くと、そのまま無線での使用が可能です。さらに1度無線で繋いでおけば、2回目からはホームボタンを押すだけで再接続が可能で毎回ケーブルをつなぐような手間がありません。非常に使いやすいですが、純正のDS4のようにホームボタン長押しで本体の電源までは入れられません(オフは可能)

もちろん、純正コントローラーだけでなく、サードパーティ製のXboxライセンスコントローラーでも問題ありません。アケコンやハンコンもこれ1つで動きます。うちの場合はどちらかと言うとこちらが目的ですね。

ファームウェアのアップデート

Brook社の製品はPCと併用すれば最新のファームウェアにアップデート出来ます。不具合なども更新されるようなので、コンバーターを購入されたらまずはアップデートするのが良いかと思います。

Brook社のダウンロードサイト
http://www.brookaccessory.com/download/

※ダウンロードしたファイルを実行して、画面の指示に従ってコンバーターを差し込むだけで、1分程度でアップデート可能です。

※各FWにはトーナメントモードが用意されており、より低遅延になるようです。体感で差はありませんが、意識高い系はトーナメントモード使いましょうwww

PS4 Proでの使用時の注意

PS4 Proで使うのには少し問題があります。PS4 Proの前面USB端子は奥まった位置にあり、このコンバーターのプラスチック部分が邪魔で奥まで差し込めません。

そのままでは使えないので、背面端子を使うか、USB延長ケーブルを併用するか、コンバーターのプラスチック部分を削るなどの加工が必要です。この点は不便というか騙されますね。要注意です。改良品が出ることを期待したいです。

ヘッドセットは使えない

Xbox純正コントローラーに付いているヘッドセット端子は残念ながらPS4では使えません。

↓の新商品ならヘッドセットに対応するようです


その他のコンバーター

色違いでPS4>Xbox OneやPS3>PS4、PS4>Neogeo miniなど色々な種類があるので、使いたいコントローラーやゲーム機に併せて選ぶと良いかと思います。輸入品なので相場が安定しませんが、4,000-7,000円くらいが妥当ですかねー