FC2ブログ
2019/03/30 13:36

4万コン!Victrix PRO Fight Stick

2019/3月に発売されたVictrix PRO Fight Stick、北米Amazon価格で$349.99(約4万円)の最高級アケコンです。



Razer Panthera EvoやHORI Fighting Edgeの売価が$199.99なのでVictrixは相当高いですね。差額分の価値があるのかどうか?何とか入手しましたのでゲーマー視点で紹介したいと思います。

Victrixは聞きなれないメーカーですが、アメリカサンディエゴの新参メーカーとのこと。サンディエゴは西海岸最大の米軍基地がある街なのですが、軍事技術を民間通信に転用したクァルコムという企業が大躍進して(現在スマホのチップセットはほとんどがクァルコム製です)、IT企業が集まるようになってきました。ようは確かなものを作る風土のメーカーだと言うこと。信じていいと個人的には思います。

外観
アルミボディが美しい天板で表面はひんやりとします。レバーとボタンの手前側が若干傾斜していて、ポジションを取った時に自然な感じで手が添えられます。

箱から取り出した状態。レバーが付いていない?


裏側、膝置きでも冷たくないように樹脂製になっています。左右の穴は持ち手にピッタリ


横幅は41cm


縦幅は28cm


高さは6cm


手前側の高さは5.5cm、筐体の途中から手前側が少し傾斜しています。この傾斜が中々良くて右手を置いた時のポジションが安定します


メジャーの位置から手前側に傾斜しています(×ボタンから約3cmの位置)


RAPビューリックスでも3cmのところで傾斜していますので、この感覚に近いです。


構成パーツ
つまみをスライドするだけで簡単に開けられます。もちろんドライバー不要です


三和レバーJLF-TP-8YT-SK。セイミツレバー用のネジ穴がなくて取付不可、また、突起物が邪魔でHAYABUSAレバーも取付できませんでした。


三和ボタンOBSF-30


こちらはセイミツボタンも取付可能です(ネジ式もOK)


筐体内部にVictrixオリジナルの着脱式シャフトが収納されており、これを取り付けます


なお、三和標準のレバーシャフトも同梱されており、こちらに戻すことも可能です


着脱式シャフトを取り付けて使える状態になりました


着脱は数秒でできて便利!

この着脱レバーの難点は、レバーボールが取り外せないことです(正確には取り外せるのですが市販のレバーボールを付けると全体が5mmほど長くなってしまいます)。ボールの色を変えたい場合は、三和の着脱レバーなどに交換する必要があります。

ケーブル
ケーブルも着脱式になっています。USBタイプCなので表裏関係なくさせます。また、自分で好きなデザインや長さのケーブルを用意してもOKです。

汎用的なUSBタイプCを採用したケーブル


本体の背面中央に取り付けます


背面の突起物に巻きつけて固定できます


ケーブルを挿すと側面のLEDライトが光ります。これぞゲーミングコントローラー!!

なお、接続可能な機器はPS4とPC(Windows10+Steamで動作確認)です。Xbox版も発売されていてXboxOneとPCがサポートされます。なお、これ以外のゲーム機でも変換器を別途用意すれば使うことができます。

手前側中央にイヤホンジャックがあります。感度はまずまずでノイズ乗りもありません


レバーとボタン
レバーとボタンの配置はアーケードのビューリックス準拠になっていますが、レバーとボタンの間隔は少し広めにとられています。

Victrixは約6cm空いています


RAPビューリックス(ゲーセンと同じアケコン)。約4.5cmと狭い


Panthera。間隔は約5.5cmですがボタン配置もビューリックスより幅広となっています


レバーの長さ
こだわりポイントで、この長さが違うと結構操作感に影響があります。ベストは5.6cm。Qanba社のEvo Droneは約6.1cmなので個人的には好きではありません。

Victrix、約5.6cm


RAPビューリックス、約5.6cm


Panthera、約5.6cm


ストラップ
背面の突起物にはストラップも付けられます。着脱レバーに本体背面の大きな持ち手、巻きつけ可能なケーブルなど、大会での取り扱いをかなり考慮した作りになっています。

マッドキャッツのストラップを付けてみた様子


購入方法
2019/3月現在、日本の代理店が決まっていないので国内販売は不明です。直接アメリカに買い付けに行くか、米Amazonで個人輸入するしかないと思います。

Victrix PS4 Pro FS Arcade Fight Stick
https://www.amazon.com/dp/B07PB6GMLK/ref=cm_sw_r_cp_api_i_J3UNCbANM9ZYS

Victrix Xbox One Pro FS Arcade Fight Stick
https://www.amazon.com/dp/B07P92CR1X/ref=cm_sw_r_cp_api_i_93UNCb317FSBV

※送料+7,000円ほど、総額47,000円ほどかかりますが10日ほどで手元に届きます。

総評
見た目も格好良く、天板傾斜や着脱式レバーなど、欲しい機能が揃っているアケコンだと思いました。個人的にはもう少しだけレバーとボタンが手前側に付いていれば最高なのですが、全体的にバランスが良いのでメインアケコンとして使っていこうと思います。
2019/03/15 08:52

ストVタイプアーケード デビュー


ストリートファイターV タイプアーケードの稼働初日に行ってきました。

朝一から突撃したタイトーステーション和光


◾️筐体

専用コンパネが眩しいストV。ビューリックス配置のレバーと8ボタン、スタートボタン右側の黒い箱にはUSB端子が付いていて、外部コントローラーをつなげます。

三和レバーとボタンです


コマンドの書かれたインストに胸熱


筐体上にもインスト


最初のモード選択画面でスタートボタンを押すとキーコンフィグが開けます。主に4列目のボタンの設定になると思います(デフォはPPPとKKK)。

なお、PS4のDualShock4をつないでみると、画面左下に「コントローラーが接続されました」と表示されてすぐに使えました。外部コントローラーを接続すると筐体のレバーとボタンは無効になるので、誤動作防止にもいい感じです。

有線でDS4はスタートボタン含めて動きます。


◾️ネシカカード

恐らく必須となるネシカカード、ゲーセン内で300円で売ってます。店舗によってはストVデザインの限定カードがあるみたいです。

販売機がなければ店員さんに聞きましょう


筐体のこの位置にネシカカードを置いてプレイ


最初だけ「このネシカを使いますか?」みたいな画面が出るので「はい」を選んで進みます

◾️全国対戦(オンライン対戦)

全国のゲーセンでプレイする猛者たちと戦えます。ただし、ストVアーケードのオンライン対戦には連勝制限(規定数に達するとゲームオーバー)があります。

タイステ和光では店内対戦は無制限、全国対戦(オンライン)は10連勝の設定でした(ネシカカードなしだと3連勝までなのでカードはほぼ必須ですね)。なお、お店によってこの設定は異なるようです。

画面右下に連勝制限が表示されます


いざ対戦!1分もしないですぐにマッチング


2ラウンド先取の男の1先!


勝利!


負けたら連コインでリベンジ可能(待ってる人がいないか確認しましょう)


◾️ネシカカードについて

↓プレイ後にネシカカードを登録しておきましょう。
https://nesica.net/regist

新規登録から進んでください


↓さらにこちらで家庭用のFighter’s IDと紐づけると、家庭用で解放したコスを選べるようになります
https://sfvac.jp/

まずはネシカで登録したIDとパスワードでログインします


↓ニックネームを登録すると、ゲーム画面のNONAMEが名前になり、ランキングでも名前が表示されるようになります。


3分のプレイに100円を溶かしていくこの研ぎ澄まされた感覚。何だかとても懐かしい。

いいね!通いますよ!
2019/03/12 18:19

DOA6 初心者にオススメな格ゲー

3月に発売された「デッドオアアライブ6(DOA6)」が面白いです。

今後増えてくコスも楽しみのポイント


DOA6はパンチ(P)、キック(K)、ガード(H)の3つのボタンでプレイできる対戦格闘ゲームです。適当にPやKを連打しているだけでもコンボになりますので敷居はかなり低いと思います。アケコンでもパッドでも大丈夫です。

今回Sボタンが追加されており、このボタンの技はどれも強力。↑or↓+S>Sで出るサイドアタックが攻撃をかわしながら相手を突き飛ばすので、全然勝てないようなら是非使ってみてください。また、ゲージを使っての専用技はいずれも強力なので、お互いに使いどころを読み合う面白さが生まれたと思います。

強い技を理解して打っていけば連勝もいけます


あと、起動や対戦時のロードがかなり速くて快適です。短い時間でもサクッと遊べるのはいいですね。なお、PS4 PRO同士だとさらに速くなるようです。

前作に比べてキャラやステージが少ない点、フレンドとオンライン対戦できるモードがない点は正直不満ですが、この辺りはおいおい追加されていくようです。気長に待ちましょう。

※発売直後でランクマのマッチングバランスがとてもいいので、実力の近い相手との対戦が楽しめます。

なお、コスに関してはゲーム代より高い1万円のシーズンパスが売っているくらいなので、コンプリートを目指すには相当なお金がかかりそうです。推しキャラの良さげな衣装を数着だけ買って、とにかく対戦を楽しむのが、このゲームとの最良な付き合い方ですかね

15時間ほどでプラチナトロフィーもゲット


プレマ搭載されたら是非フレ対戦もやりましょう!オススメ!

2019/03/04 08:36

三和シャフト取り外しレバーを静音化する

EVO JAPAN 2019で先行販売された三和のシャフト取り外し可能なレバー。同じく三和の高反発静音レバーに移植することに成功したので記事にしておきます。

このレバー、Eスポーツブームでゲーム大会も増えており、マイコントローラーを持参するのは半ば常識となっているので、アケコンを使う格ゲーマーならば用意しておきたいアイテムだと思います。

シャフトを取り外した状態


今回、知人のツテで1つ入手しました。このレバーは三和の標準レバー(JLF-TP-8YT)をベースにしているので、普段使っている高反発静音レバー(JLF-TPRG-8BYT)にシャフト部分を移植してみました。

左:シャフト取り外しレバー、右:高反発静音レバー


基板の構造はほぼ同じです


平鉄板を外した状態(レバーの移植だけなら外す必要はありません)


レバー棒底面部のEリングを外します


ラジオペンチを使ってこんな感じで力を加えると外せます


Eリングを外すとこの状態にバラせます。シャフト(金属の棒)だけを交換して元に戻しましょう


はめる時はここまで手ではめて、後はラジオペンチでカチッというまで挟んで止めます


静音シャフト取り外しレバーの完成です!


動作の方も良好です。交換前と同様の使用感で違和感もありません。オススメ!