FC2ブログ
2019/11/26 07:00

QANBA Obsidian Joystick レビュー|ビュウリックス配置のスタンダードなアケコン

最近利用者の増えてきたQANBA Obsidian Joystick(クァンバ オブシディアン ジョイスティック)を紹介します。



Obsidianは、Razer Panthera EvoやHori Fighting Edge 刃と同等のハイエンドモデルとなります。

対応機種はPS4/PS3/PC。

海外では2016年から販売されており、国内では2017年からアタッサショップ専売品として販売されています。価格は25,259円(税込、送料無料)。


QANBA社とは?

QANBA社は2009年に格闘ゲーム好きな代表が中心となって設立された中国系の会社です。アケコン市場はMad Catz倒産によって空いた供給の穴に、数多くの中国企業が参入したようですが、その戦いを生き残ってきた1社がQANBAです。

詳しくは4Gamerの下記の記事が参考になります。

https://www.4gamer.net/games/399/G039961/20171025001/

※まあ、中国系企業のサクセスストーリーとかは、話半分くらいで読むのがいいです。


外観

漆黒の美しいボディはアクリルシートに塗装がされた天板で、刃やVictrixのようなメタル天板に比べると”暖かみ”があります。天板全体が手前側に軽く傾斜したデザインとなっており、膝置きした時に奥側に若干傾きがちな天板を矯正してくれる効果があります。

大きさ/重さ 461 x 266 x 121 mm / 3Kg

上品な漆黒の天板、長時間手を置いても冷たくありません。


QANBAオリジナルレバーボール。こちらは少し冷たいです。


手前側に若干傾斜している天板


奥側は6cmの高さ


手前側は5.5cm、この差が膝置き時に傾きがちな天板を矯正してくれます。


コントロールボタンはコンパクトに1箇所にまとまっています。PS、Option、Share、L3、R3、Mode、Turbo、LEDボタンなどが集まっています。


似たようなボタンが並んでいるので、押し間違えやすいのが難点です。特定のボタンに突起物のシールを貼るなどして、指先で分かるようにしておくのがオススメ。

右奥にはタッチパネルを備えます。少し斜めになっているので普通に使いやすいです。中央の銀と赤の派手なエンブレムは残念ながら単なる飾りです。


側面にはゲーマー御用達なLEDライトを備えます。常時点灯/レバーとボタン操作時に点灯/バイブレーション時点灯から選べます。

見た目が派手なのは「レバーとボタン操作時に点灯」、レバー操作で左側面のLEDが、ボタン操作で右側のLEDが光ります。

プレイには影響しませんが”絵”になるLED


背面は樹脂素材で膝置きでも冷たくありません。滑り止め用にゴムシートが2枚貼られていますが、面積としては小さいので気になるようなら滑り止め追加もありだと思います。



ケーブルとイヤホン

ケーブルは収納式で左手後方に収納ボックスが付いています。RAPのようにかんたんに取れたりはしませんが、蓋のツメが非常に硬いので開けるのに難儀します。

ケーブルの長さ:2.7 m

とにかく硬いケーブルボックス


蓋の左右下部からケーブルを出せるのは地味に便利なところ。


分かりづらいですが、手前側左下にイヤホンジャックがあります。感度はまずまず。


私の本体では起きませんが、報告によると電力不足でイヤホンジャックが動作しないことがあるそうです。LEDを止めたり、電力の少ないスピーカーの小さなヘッドホンを使うなど対処が必要かもしれません。


レバーとボタン

レバーとボタンの配置

レバーとボタンはRAP.VやMad Catz TE2+と同じ純正ビュウリックス配置。ビュウリックス改配置(レバーとボタンの間隔が広い)やパンテラ配置(レバーとボタン、ボタン間の間隔が少し広い)とは少し異なります。

純正ビュウリックス配置はレバーとボタンの間隔が非常に狭いのが特徴。ゲーセンのタイトー筐体と全く同じ配置になります。


×ボタン手前には5cmのスペースがありその先で傾斜しています。


ビュウリックス筐体では、ボタン手前3cmのところで傾斜していますので、Obsidianは少し広めに感じると思います。


レバーの長さ

個人的にこだわりポイントです。Qanba Droneは約6.1cmだったので使いづらかったのですが、Obsidianは標準の約5.6cmとなっています。


ビュウリックス筐体 、約5.6cm


Panthera、約5.6cm


メンテナンス

筐体内部にアクセスするにはドライバーが必要です。ネジ穴が深いのでなめないように押しつけ8割、回し2割くらいの感覚で慎重に取り外します。


1ヶ所だけ封印シールが貼られています。ここより先は自己責任ゾーン。


ネジ6本でご開帳。下蓋のイヤホン端子と差し込み式のケーブルが繋がっているので、作業時は外しましょう。


三和レバーJLF-TP-8YT-SKと三和ボタンOBSF-30。その他はオリジナル基板やボタンで構成されます。



カスタマイズ

カスタマイズの幅が広いのがObsidianの良いところのひとつです。

レバーとボタンの交換

他のアケコン同様、レバーは5P端子、ボタンはファストン端子となっているので、ケーブルの抜き差しだけで交換は容易です。

ネジ穴。はやぶさレバーはOKですが、セイミツレバーは取付不可です。


レバーをOTTO DIY V5に換装したところ。スペース的にも問題ありません。


着脱レバーとGamerFingerボタンを付けた様子。問題なく使えます。


天板の交換

予め天板絵が差し替えられた鉄拳モデルとギルティモデルも発売されていますが、アタッサショップで交換用クリア天板(3,000円)を買えば好きなデザイン画に交換できます。凄い時代になったと思います。


こんな感じで好きなデザイン画を入れられます。


ノアール配置への変更

公式でノアール配置金属板とクリア天板セット(6,900円)も販売されています。こちらも天板絵を自由に入れられます。

鉄拳やガンダム、一部ゲーセン向けギルティユーザーにもオススメのノアール配置天板セット。


その他の配置への変更

その他、一部の海外サイトではHitBoxレイアウトの天板も販売しています。筐体がしっかりしているのでHitBox化しても使いやすそうです。


総評

いくつか不満点もありますが、全体的にバランスの良いアケコンです。PS3でも使えますし、Direct Inputにも対応しているのでPCでも面倒な設定不要ですぐ使えます。気になるお値段も高級アケコンの中ではそこそこ安め。

操作性は定番の三和パーツでそのままでも最高級の使い勝手ですが、カスタマイズの幅も広いので、万人にオススメできる一台だと思います。

なお、遅延については発表ありませんが、使っていて気になるレベルではありません。問題ないと思います。

買い換えの場合は、RAP.VやTE2+と配置が同じなので、これらのアケコンからはすんなりと移行できると思います。ノアール配置が好きの方は少し値が張りますが追加天板も用意したいところです。

すっかりメインとなったObsidian



購入方法

国内サポートが受けられる正式版はアタッサ直販のショップか楽天アタッサ店、一部の家電量販店にて購入が可能です。

海外直販ならAmazon.comでも買えます。

困ったら直販アタッサショップにて

楽天の方がポイントも付くしお得かも?



2019/11/19 07:00

娘を対戦相手にする魔計画5|ベルトアクションゲーム



娘を対戦相手にする魔計画の最新情報です。

これまで、サムスピ→鉄拳7→BBTAGと、自分が好きな格闘ゲームで娘と遊んできましたが、薄々と感じていた問題に直面しました。

うちの娘は対戦ゲームに向いていないのでは?

対戦に負けるとガン泣きして、勝つまでやるモードに入り、勝てば勝ったで「パパ超弱いんだけど~」と煽ってきます。

トランプやUNOでもこんな感じの負けず嫌いで、全部勝たないと満足できないみたいで・・・

鉄拳はお互いガチャプレイで、時にはいい勝負もしてたのでまだ良かったのですが、BBTAGはギルティ経験のある自分とは実力差がかなりあって、もちろん手加減もしているのですが、仕舞いには「やりたくない!」となってしまいました。

「じゃ、練習しよう」と促してもいじけて頑張ろうとはしないし、少しやり方を失敗したかなー。

そして他ゲーへ

そんなわけで、イラついてしまうなら、対戦は一旦離れて、勝ち負けにこだわらなくても楽しめるゲームを探しました。候補としては、マリオみたいな子供でも楽しめそうなアクションゲームです。

SwitchのマリオUを買って少しやってみたのですが、最近のマリオは6歳児がやるにはちょっと操作が難しいんですよね。自分が子供の頃の任天堂のゲームなんて、レバーとボタン1-2個で操作できるのが当たり前だったのですが、今のゲームはマリオでさえ最初に覚えることが多すぎです。

ならば、レトロゲームだろうとバルーンファイトをやってみました。しかしナマズにショックを受けてイラついてしまいこれも失敗。大体バルーンファイトは対戦ゲームだろう。

そこで見つけてきたのがファイナルファイト。『カプコンベルトアクションコレクション』に収録されている1989年のアーケードタイトルです。

ファイナルファイト

敵に娘を誘拐された市長(ハガー)が、娘の恋人の不良(コーディ)とその友(ガイ)を伴って助けに行くという単純なストーリー。立ち塞がる族のボスや、地下格闘チャンプ、悪徳警官などを己の拳1つで倒していくアクションゲームです。



当時は2人同時プレイができるゲームはあまり無かったので衝撃的でしたね。

レバー+攻撃ボタンとジャンプボタンのシンプル操作で、2つのボタンを同時に押すと無敵必殺技を出すことができます。ただし無敵技を使うと体力が少し減ってしまうので多用はできません。

ファイナルファイトをプレイ中の娘。主人公の中では比較的まともな人格者のガイがお気に入り


ベルトアクションの協力プレイは、娘にはかなりウケが良かったです。慣れてくると「パパ肉食べて~」とか優しい言葉もかかります。そう、これだよ、これ!俺が求めてた楽しいゲームライフは!

天地を喰らうII 赤壁の戦い

続けてプレイしたのが天地を喰らうII、劉備軍で曹操軍と戦うストーリーです。これも遊びやすいゲームです。



弓矢を打てるキャラを見つけて、遠距離からチクチクと攻める技を見つけてご満悦な娘。

主人公達に子供を託して井戸に身を投げてしまう婦人。娘は「なんで~、助けに来たのに!」と繰り返し悲しんでました。


キャプテンコマンドー

最後はキャプテンコマンドー。近未来なキャラを操り、人間だか異星人だか分からない敵と戦うゲームです。高速ボート面のようなボーナスステージも楽しい。



赤ちゃんがロボットを操るシュールな設定のキャラを気に入った様子


ラスボス撃破で大喜び


それぞれのタイトルを3~5回はクリアするほどやりましたので、こんな古いゲームでも充分楽しめているようです。

しばらくはこれで慣らして、また対戦ゲームに誘おうかと思います。


2019/11/12 07:49

Xbox Elite2 レビュー|溢れる高級感、手に馴染むフォルム、豊富なカスタマイズ、最強のパッドコントローラー



2019年11月「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シーズン2」が発売されました。Xbox Elite1は品薄だったこともあり結局買わなかったのですが、今丁度PC版のCODMWをプレイしているので、品薄になる前にと思い発売日に買っちゃいました。


2019/11現在品薄です。Xbox Elite2の実売は16,000~19,000円程度で、これより高いのは転売なので注意してください。


◾️Xbox Eliteコントローラーについて

初代Eliteコントローラーが発売されたのは2016年2月。当時は5~6,000円程度のパッドが普通な中、16,000円の強気価格が話題になりました。

「アケコンならまだしもパッドにこんなに金かける奴いないだろう?」

誰しも最初はこう思ったのですが、主に使用者からの報告で、高品質な各種パーツや柔軟なカスタマイズ性が認められ、Eliteコントローラーのポテンシャルが非常に高いことが知れ渡ると、常に品切れを起こすほどの大ヒット商品となりました。

「高級ゲームパッド」という新ジャンルを切り開いた功労者でもあります。これ以降、味を占めた各社からコアゲーマー向きの高級パッドが続々と出てきており、その流れは今もなお続いています。


◾️Xbox Elite2コントローラーの機能

カスタマイズ可能な各種キー

Elite2コントローラーは、初代同様に左右のサムスティックのレバー部、十字ボタン、背面のパドルボタンが取り外せ、他のパーツに交換できます。

また、Elite2ではサムスティックの硬さも調整できるようになりました。物理的な形状に加えて、硬さも調整できるようになり、カスタマイズの柔軟性は向上しています。これはかなり大きな改良だと思います。

サムスティックと十字ボタンは磁石で付いているだけなので工具不要でかんたんに外せます。


付属のケース内に他のパーツが収納されており、好みのパーツに交換できます。


他のパーツに交換したところ。操作性はかなり変わります。すべてのサムスティックを左右それぞれで試すのがいいでしょう。


個人的には長めのサムスティックをFPSでの”照準”(=通常ですと右スティック)に取り付けると、エイムの精度が向上して快適でした。

※個人差があります

円形の十字キーは斜め入力がスムーズになりますが、若干暴発の方が多かったので、普通の十字キーに戻しました。

※個人差があります

背面パドルボタンは、興奮して操作が荒くなると指が触れて暴発しやすいので、”しゃがみ”と”近接攻撃”の2つだけセットして、使わないパドルは取り外しました。敵前で間違えて武器持ち替えをしてしまうリスクがなくなりました。

※個人差が・・・


キーカスタマイズ

背面パドルボタンを含む各種キーのアサインはXbox OneかWindows 10のアプリで設定が可能です。


Xbox アクセサリー

コントローラーのファームウェア更新にも対応しているので、必ず入れておきましょう。

ただし、このアプリではキーボード操作をエリートコントローラーのパドル等に割り当てることは出来ません。この辺ができればカスタマイズの柔軟性も高まるので、この点は残念です。


トリガーロック

背面の中央部には3段階に切り替えが可能なスイッチが左右それぞれに付いています。


このスイッチを切り替えるとLT、RTボタンを押し込んだときの遊びの量が調整可能です。ONにするとトリガーボタンがよりクイックになりますので、指切りショットがしやすくFPSでは推奨ですが、トリガーボタンをアクセルやブレーキとして使うレースゲームでは微妙なコントロールができなくなるのでOFFにするなど使い分けましょう。


ケーブルとペアリング

中央に見えるのがUSB-C端子、その右上のボタンがBluetooth設定時に使うボタンです。


有線で使う場合は付属のUSBケーブルでXbox OneやWindows 10につなぐと、Direct Inputで自動で認識されてそのまま使えました。USBケーブルは頑丈なナイロン巻がされていて長さも2.7mあり必要十分です。

無線で使う場合は、Bluetoothボタンを3秒ほど長押しします。Xボタンが点滅を始めたらXboxやPC側から探してペアリングすればOKです。

ただし、Bluetooth 接続だと各種キーアサインをするコントローラー設定のアプリが使えなかったり、一度有線で繋いだ後はBluetoothの設定を再度やり直さないといけない点が不便です。マイクロソフト専用の無線ユニットで繋げた場合はこの問題は解決しますので、無線での使用の場合はこちらの購入も視野に入れた方が良いかと思います。


今のところ少しでも有利に戦いたいので有線で使っています。


イヤホンマイク

十字キーの下部に3.5φの端子があり有線イヤホンマイクが使えます。従来通りXbox Oneヘッドセットアダプターを差し込む端子もあります。


ボイチャはぼっちにはいらない機能ですが、FPSでヘッドホンを付けるのには便利な端子です。


グリップ

グリップ部は滑り止め加工がされています。実に良い手触りで他のコントローラーにも導入して欲しくなる使いやすさです。


コントローラーの形状やボタン配置もSwitchやPS4と比べると格段に手に馴染むように作られていて、とても使いやすいです。


ケースと充電

専用ケースにしまった状態。


充電ドッグやサムスティックの予備パーツ、ケーブルなどを収納可能です。ケース自体はハードプラスチック製で高級パッドに相応しい必要以上に頑丈なケースです。

ケース外の端子にケーブルを差し込み充電が可能。こういうの好き。


ちなみに最大充電で40時間使えますので、数日は平気で持ちます。ケースの出番はあまりないかもしれません。


◾️Xbox Elite2コントローラーの他機種利用

優秀ですが最大の難点があります。

PCと今をときめくXboxOneで使えますが、PS4とSwitchで動きません。(なんてこったい!?)

手持ちのBrookおよびその他の会社のコンバーターを試しましたが、いずれも動きませんでした。アップデートで対応してくれることを期待しています。同じく3rdパーティ製のコントローラードライバーなども動きませんでした。こちらも対応待ちです。


◾️さいごに

これまで紹介してきた通り、Xbox Elite2は使いやすく、所有欲を満たしてくれるには十分な価格のコントローラーです。

だからこそ、

PS4やSwitchでも使いたい!!

「クロスプレイ解禁」の次は「他機種の周辺機器をサポート」という方向に行ってもらいたいものです。