FC2ブログ
2018/09/01 07:00

アケコンパーツ比較「ボタン編」|話題のGamerFingerも追加!

先日公開したレバー編に続いて、今度はアケコンのボタンを比較してみます。個人的に使用したことのある物だけになります。



アケコン比較「ボタン編」

※注釈
硬さ ボタンを押したときの硬さ、重さ
静音 打音の静かさ
遊び ボタンを押してから認識するまでの距離


① HAYABUSA2017

硬さ ◯
静音 ×
遊び 小

2017年以降のRAP.V、RAP.N、ファイティングエッジ刃に搭載されているボタンです。ボタン端が丸みを帯びており、ボタン本体との高低差が小さい独特の形状をしています。

程よい硬さでありながら、遊びが少なく、ボタンを押してからの反応の良さはピカイチです。端が下がる形状も擦り連射がやりやすくプラスポイント。難点は非常にパチパチ音が響きやすいのと、バラ売りでは入手できない点ですね。


② 三和ボタン

硬さ △
静音 △
遊び 中

ゲーセン定番のボタンです。世界一売れているボタンと言っていいと思います。カラーパターンも豊富に揃っていてデコレーションにも最適。

程よい遊びと柔らかめのレスポンスで何の違和感もなく使えます。軽い力で叩けるのでHAYABUSAやセイミツよりは騒音が控えめになります。


③ 三和静音ボタン

硬さ △
静音 ◎
遊び 小~中

定番の三和ボタン内にゴム製のパッドを敷いたものです。単純な構造なのでゴムを買ってくれば自作することも容易です。

中に敷くゴムの厚さを調整すると使用感が変わります。通常は0.5mmなのですが、1mmとするとボタンの沈み込みが抑えられ、静音効果が高くなります。(あまり厚くすると押しづらいので1mmを超える厚みはおすすめできません)


④ 三和エストラマー静音ボタン

硬さ △
静音 ◯
遊び 中

2019年に新発売された静音ボタンです。旧静音ボタンと違い、ボタンそのものが静音素材で作られているので、ゴムパッドが敷かれている旧型に比べて違和感が減りました。

ゴムパッドがない分、ボタンの沈み込みも通常ボタン並みに深くなるので、静音性が少しだけ下がっています。また、旧型ではゴムパッドを移植すれば様々なカラーのボタンを静音化できたのですが、発売されているカラー以外では使えないのも残念な点です。


⑤ セイミツボタン

硬さ ◯
静音 ×
遊び 中

90年代ごろまでのアーケードといえばこのボタン。ボタンヘッドの口径が少し小さめで押し心地の分かりやすいボタンです。

レバー同様ボタンも固めでしっかりとした作りです。三和よりもボタン全体がブレにくく安定しています。ただし音はよく響くので静音性は皆無ですね。HAYABUSA2017がピーキーすぎると感じる方には丁度いいかもしれません。なお、さらに硬くなるバネを入れたタイプも発売されています。


⑥GamerFinger

硬さ △
静音 ◎
遊び 極小

ゲーミングPCのキーボードなどに採用されているメカニカルスイッチCherry MXの銀軸を搭載したアケコン用のボタンです。

ボタンに触れてからスイッチがオンになるまでのストロークが短く、それでいて静音性能が高いのが特徴です。中のメカニカルスイッチだけを交換することも可能で、押し心地が大分変わります。

高性能なボタンですが1個700円ほどと高いのがネックですね。


個人的には格ゲーでは静かな三和の静音ボタンやGamerFingerのアケコンを使うことが多いですが、シューティングやレトロアクションなど入力がシビアなゲームでは、押し心地が分かりやすいセイミツを使うことが多いです。
関連記事

コメント

非公開コメント