FC2ブログ
2019/05/28 17:57

Qanba Droneのレバー長を短くする

1.25kgのコンパクトボディながら、ゲーセン準拠のビューリックス配置で、三和のレバーとボタンが装着可能なQanba Drone。

PS4/PS3/PCに対応している上に、連射機能も付いていて、中々使い勝手のいいアケコンです。

写真はQanba Evo Drone
デフォルトで三和レバーとボタンが装備されてるナイスガイです


しかし、致命的な難点がっ、がっ・・・

そう、天板から上のレバー長が長いんですよ!



約60mmあります

ゲーセンの標準だと55mm程度なので、「そんなん関係ねぇー」って勇者は読み飛ばしてください。

でも、でもですね、ゲーセンのレバー長ってのはもう20年前から不変なんですよ、芸術なんですよ。

慣れている人ほど使いにくいでしょう。

例えば、家では他のアケコン(55mm)で、外ではDrone(60mm)みたいな使い方をしたくても、レバー長が違うのはかなりストレスなので、きっとプレイに影響出ます。

まあ、負けたらコントローラーのせいにします(少なくとも俺は)

ならば短くしてしまおう!!

※ちなみに三和レバーが付いているEvo Droneで試した方法です。Droneオリジナルの標準レバーで、同じ調整ができるかは不明です。

※オリジナルでも三和レバーに換装できるので、換装後はこの方法で長さ調整ができると思います。なお、三和レバーに換装する際は、こちらのケーブルも必要になります。




◼️用意するもの

・ドライバー
・M3 12mmの皿頭ネジ×4本
・M3 2.5mmのナット×8

↓面倒ならこれに全部入っています



◼️作業手順

とりあえずレバーを外します。


こんな感じでシャフトも外すと作業しやすいです


この鉄板を外します。


この外した鉄板とレバーの間にナットを挟むのが目的です。

そのままナットをつけるとネジの長さが足りなくなってしまうので、最初に付いているM3 8mmのネジを12mmに交換します。

左が8mm、右が12mmのネジ


鉄板を裏返しにして、12mmのネジを下から差し込み、ナットを2つずつ止めます。


鉄板を元どおりにとめます。


この時鉄板とナットが締まりすぎると、ネジが回らなくなってしまうので、緩めては締める、緩めては締めるを繰り返して、ネジが奥まで締まるようにするのがコツです。

シャフトを取り付けます。


レバーを本体に取り付けて作業完了!


55mm程度になっていると思います。

お疲れ様でした!


◼️感想

むっちゃくちゃ使いやすいです。今まで何だったんだという感じ。

鉄板がガタガタしないようにちゃんとネジを締めれば、安定感も変わりありません。

基板も低遅延で優秀なので、軽さが問題なければ、メインアケコンとしても充分使っていけると思います。

なお、シャフトを着脱式に変更すると、さらに持ち運びが楽になりますから、オススメなカスタマイズですね。

↓オリジナルDroneはこちらから買えます

関連記事

コメント

非公開コメント